1/3の女医 Vol.4

イイ男だと思ったのに、200万円の詐欺にあってしまった…。ダメ男に惹かれる女の顛末

女医の世界には「3分の1の法則」というものが存在する。

「生涯未婚」「結婚した後、離婚」「結婚生活を全うする」それぞれの割合が、ほぼ3分の1ずつとなるというものだ。

彼女たちを取り巻く一種異様な環境は、独特の生活スタイルを生み出し、オリジナリティーに富んだ生き方を肯定する。

それぞれの女医は、どんな1/3の結末をむかえるのか…。

◆これまでのあらすじ

紗奈は、ダメ男に惹かれやすい。現在同棲中の直太朗も、働く気のない自称ライターだ。しかし、同じく恋愛傾向にある妹の友紀奈から、ハイスペ男と付き合うことになったと報告を受ける。焦りはじめたある日、同僚の長谷部に食事に行ったが…。

▶前回:ダメ男に惹かれてしまう32歳女。デート代は自分持ち、プレゼントも毎回20万以上だが…


Vol.4 血液内科・紗奈(32歳)の場合【後編】


「ねえ、紗奈。俺のスーツ知らない?」

長谷部との食事を終え、紗奈が部屋に戻ると、直太朗がクローゼットのなかを漁っていた。

「ええ?スーツ…?」

紗奈が怪訝な表情で聞き返す。

年中スウェット姿の直太朗にとって、もっとも縁のないものだが…。

「うん。俺がここに来たとき、持ってきてたと思うんだけど…」

確かに、2年前に直太朗がこの部屋に転がりこんできた際に持ち込んだ、数箱の段ボールのなかに入っていた気もする。

「あ、こっちにあるかも!」

紗奈は寝室に移り、ウォークインクローゼットのなかをのぞく。

もう着なくなった流行から外れた服が並び、研修医時代に使っていたケーシーまで出てくる。

さらに奥を探ると直太朗のスーツを見つけた。ワイシャツにネクタイにと一式そろっており、一応クリーニング済みではある。

彼に手渡し、探していた理由を尋ねると、意外な発言が飛び出す。

「面接を受けに行こうと思って。俺、就職しようと思っててさ」

「ええっ!?急にどうしたの…?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
ここは心を鬼にして直太朗と別れた方が後々本人のためだと思ったけどなぁ…
2022/09/18 05:3299+返信1件
No Name
でも、こんなメタボ気味なヒモ男と結婚はしたくないでしょう?
何だかモヤモヤ。
2022/09/18 05:3799+返信2件
No Name
僕を支えて欲しいはさすがにね。
2022/09/18 05:3474返信2件
No Name
長谷部が詐欺師の方が面白そうとは思った。何もやってない奴の就職活動はそりゃ厳しいだろうな。紗奈が直太朗を選んだのはもう紗奈がそういう人だとしか。
2022/09/18 05:4225返信2件
No Name
ダメ人間製造機のバカな女。
「支えてあげてる私」にずっと酔っていればいいよ。
2022/09/18 06:0823
もっと見る ( 24 件 )

【1/3の女医】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo