私にふさわしいオトコ Vol.2

「なんか、冷たい?」両家顔合わせで、婚約者の両親が塩対応。その理由とは?

『20代のうちに結婚したほうがいい』

一昔前の価値観と言われようとも、そう考える女性も少なくはない。

そんな焦りにとりつかれ、30歳目前でスピード婚をした広告デザイナー・穂波。

しかし穂波は、すぐに後悔することになる。

「なんで私、焦ってプロポーズをうけてしまったんだろう」

私にふさわしい男は、この人じゃなかった――。

▶前回:スピード婚は後悔のはじまり…?30までの結婚を焦った女が落ちた罠


「楽しみだわ。一樹のご両親にお会いするの」

穂波は、手元の小さなミラーで化粧をチェックしながら、微笑んだ。

「…緊張してないんだ?僕は、緊張しすぎて指の感覚がなくなってきたよ」

「一樹は、こういうの苦手そうだもんね」

今日は、両家顔合わせ。

会場に選んだのは、目黒雅叙園だ。

ロビーには、同じく今日顔合わせをすると思われる振袖姿の女性が、ほかにも数人いた。

― 私が、圧倒的に目立ってるな。

穂波はひとり、得意げな表情を浮かべる。

深紅の振袖に、古風なヘアスタイル、輝く白肌。完璧だ。

― きっと一樹のご両親は驚くわね。

息子がこんな綺麗な女を連れてきたら、一樹の両親はさぞ喜ぶに違いない。

考えるだけで、気分が高揚した。

凛とした姿勢で待っていると、向こうから、自分の両親が歩いてくるのが見えた。

「あ、私の両親、来たわ」

「ほんと?僕の両親も、そこに」

待ち合わせ時間10分前の、11時50分。

穂波の両親と一樹の両親が、偶然同じタイミングで近づいてきた。

「こんにちは」

一樹が、穂波の両親にかけよって挨拶をする。

それが済むのを見届けてから、穂波も、一樹の両親に歩み寄った。

【私にふさわしいオトコ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo