公園の魔女たち〜幼受の世界〜 Vol.3

入会前に先生へ“お礼”をお渡しするのがお受験塾のルール!?女は、いくら包めばいいかわからず…

「この子のためなら、何だってしてみせる…」

公園に集う港区の母たちは、そんな呪文を心の中で唱え続ける。

そして、子どもに最高の環境を求めた結果、気づき始めるのだ。

──港区は、小学校受験では遅すぎる…、と。

これは、知られざる幼稚園受験の世界。母…いや受験に取り憑かれた“魔女”たちが織りなす、恐ろしい愛の物語である。

◆これまでのあらすじ

娘の華(1)の幼稚園受験を考え始めた葉月。ママ友に教えてもらったお受験塾に電話をして、紹介制のクラスへの入会を希望をしたのだが…。

▶前回:“条件”をクリアした人だけが、入会を許されるお受験塾。勤務医の妻が電話をかけてみたら…

▶あわせて読みたい:中学受験塾に6年間で900万も支払った。それでも“全落ち”したとき、親子がとった行動は…


今日は、お教室を紹介してくれたお礼に菓子折りを持って、マリエさん宅に来ていた。

「それでね、敦子さん、マリエさん。お教室をご紹介いただいたお礼なんだけど…」

私は、準備してきた紙袋をそれぞれ2人に渡す。

「これ、ささやかな気持ち。私、お受験のルールなんて何にも分からないから、これからもどうぞよろしくお願いします」

紙袋の中身は、『ツッカベッカライ・カヤヌマ』のテーベッカライA缶だ。

先週の金曜日、わざわざ予約をして用意してきたものだった。

「わぁ、ツッカベッカライのクッキー大好き!ありがとう」

子どもみたいに喜びながら、マリエさんが早速包装を開けていく。その横で、敦子さんが私に向かって尋ねた。

「今日、このあとお教室の見学に行くのよね?」

「そうなの。だから、せっかくお家に呼んでもらったのに、あと1時間も居られなくてごめんね。見学だけじゃなくて、入会も済ませてくるつもり」

マリエさんの住まいである南麻布の低層マンションからは、11月の有栖川公園の紅葉が一望できる。私は思わず、色づく木々の美しさに見惚れた。

ほうが会に入会希望の電話をしてからひと月。

結局、今年の試験の結果が出そろう11月中旬まで待つことになったけれど、お受験スーツや華のフォーマルワンピースなども満を持して準備することができた。結果としてはよかったのだろう。

「ねえ、今みんなで食べようよ」

マリエさんは蓋を開け、早速クッキーに手を伸ばす。しかし、敦子さんはなぜか、心配そうな面持ちで私を見つめている。

「お気遣いいただいて本当にありがとうね。そういえば、お教室の先生への“ダイ”も、このクッキー缶?もう少し大きいサイズ?」

「え…?“ダイ”ってなに?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
カモフラージュ的(謝礼金の台)とは言え、ヨックモックで大丈夫だったのか心配。
2022/08/08 05:5999+返信6件
No Name
前回の紹介の電話もなんだけど、教える気が本当にあるなら事前に教えてあげればよくない?
明らかに素人感満載なんだから。
台だのお盆だの分かるわけないよ。
2022/08/08 05:2292返信1件
No Name
このママ友2人、仲良くしてくれてるけど親切なのか意地悪なのかちょっと分からなくなる。
無知な葉月をバカにしてるようにも思える。
2022/08/08 05:2585返信4件
No Name
分からない世界なんだから、気後れしてないでお気持ちがいくらだか聞けば良かったのに。会に鼻で笑われるよりはマシだと思うよ。
2022/08/08 05:2156
No Name
2人はいくら包んだ?
ではなく
どのくらい包むのがいいかしら?
と相場(があるのか知らんが)訊けばいいのに。
2022/08/08 07:4041
もっと見る ( 43 件 )

【公園の魔女たち〜幼受の世界〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo