キューティーワイフの逆襲 Vol.6

「いくら欲しいんだ?」浮気相手を妊娠させたセレブ夫が逆ギレして放ったひと言に、女は…

「マイ・キューティー」

13歳上の夫は、美しい妻のことを、そう呼んでいた。

タワマン最上階の自宅、使い放題のブラックカードに際限のないプレゼント…。

溺愛され、何不自由ない生活を保障されたセレブ妻ライフ。

だが、夫の“裏切り”で人生は一変。

妻は、再起をかけて立ち上がるが…?

◆これまでのあらすじ

夫・英治との話し合い中、突如現れた浮気相手の春奈は妊娠を報告。絶望していた里香だが、ついに仕事が決まる。だが初日から大失敗してしまい落ち込んでいた…。

▶前回:「私、実は…」夫の浮気相手から満面の笑みで告げられた、衝撃の“ご報告”


「ねえ、あの新しく入ってきた人。なんかワケありっぽくない?」

女性トイレに入ろうとしたところ、中から女性ふたりがヒソヒソと話すのが聞こえてきた。

入り口で足を止めて、耳をそば立てる。

「わかる〜。きれいな人だけど、仕事はできなそうだよね。すでにマネージャー怒らせちゃったし」

「あんなにきれいなのに、こんな待遇の悪い仕事するんだもん。絶対何かあるよね」

里香は、その場に立ちすくんだ。

見知らぬ女たちに好き放題言われて、嘲笑われている。自慢の美貌さえ、ネタにされる始末だ。

悲しさと悔しさがこみ上げてくる。先ほどの失敗も重なって、涙が出てしまう。

世の中すべて思い通りだった栄華の時代からの急転落。英治のもとを離れてから、苦難続きだ。

だがきっと、英治がいなければ自分の人生はこの程度なのだろう。

これまでが夢のようだったのだ。

現実を思い知らされた里香は、ひどく落ち込んだ。

入り口で呆然と立っていると、中から女たちが出てきて、「ヤバい」と息をのむ。

「お疲れさまです」

里香は丁重に頭を下げながらそそくさと化粧室の中へ入り、個室でさめざめと泣いた。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
まさか、お金なんて1円も要りませんとか言わないでよ〜。
2022/08/04 05:1299+返信10件
No Name
もう少し色々考えて、調べたり相談に行くなどして、賢く離婚した方ががいいのに。ライターさん、キューティーのアホさを上手く描いてるなぁ。
2022/08/04 05:1586返信2件
No Name
美人の派遣社員に対しては、訳ありか?とか悪口言ってる社員もどうなんだろうね?
こんなしょうもないブラック会社で働いてるなら大差ない気が…。
2022/08/04 05:1345返信6件
No Name
最後の英治の言葉で冗談でも3億吹っかけるのもアリって気がしてきた。言ったんだから払えよな。
あと財産分与が難しい話って里香バカ過ぎ。
2022/08/04 05:1322返信2件
No Name
生活を切り詰めてるのに、けっこう贅沢な外食するんだね。
2022/08/04 07:029返信2件
もっと見る ( 31 件 )

【キューティーワイフの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo