ごめん、今日も遅くなる。 Vol.1

ごめん、今日も遅くなる:「あの女を、誘惑して…」彼氏の浮気現場を目撃した女が、男友達にした依頼とは

「あんなに優しかったのに、一体どうして?」

交際4年目の彼氏に突然浮気された、高野瀬 柚(28)。

失意の底に沈んだ彼女には、ある切り札があった。

彼女の親友は、誰もが振り向くようなイケメンなのだ。

「お願い。あなたの魅力で、あの女を落としてきてくれない?」

どうしても彼氏を取り戻したい。柚の願いは、叶うのか──。

「ねえ見て。あの人、芸能人かな?」

「うわ…めっちゃかっこいい」

「絶対一般人じゃないよ。オーラがすごいもん」

銀座中央通り、土曜20時すぎ。

高野瀬 柚(28)がタクシーに乗り込もうとしていると、通りすがった女子大生たちがコソコソと耳打ちしあうのが聞こえた。

― まただ。

柚は、小さく笑った。

「オーラがすごい」と言われているのは、柚ではない。隣に立っている高校時代からの親友・東山創だ。

創は芸能人ではないものの、目を引く綺麗な顔立ちにスラリとした高身長の持ち主だ。高校時代からどこにいっても視線を集め、常に女子からチヤホヤされていた。

「創、相変わらずの人気ね」

後部座席の隣のシートに創が腰掛けると、嗅ぎ慣れたブルガリの香水がふわりと鼻をかすめる。

「そうだね。そんなことより柚、大丈夫?手が震えてる」

「ほんとだ…」

動き出したタクシーの中で柚は、小刻みに震える自分の指先を見つめた。

「なんか、力が入らなくなっちゃった。…ショックだったからかな」

「そりゃそうだよな」

創は大きな目に憐れみを浮かべ、泣きそうな顔で微笑んだ。創の背後の車窓に、きらびやかな銀座の街が映っては流れ去っていく。

柚はたった今、彼氏の賢也から裏切られたところだ。

そんな自分が哀れで、気を抜いたら泣いてしまいそうだった。

「ああ。私、賢也のこと、こんなに好きなのにな」

震える声でつぶやくと、創は何も言わずに紺色のシルクハンカチを差し出した。

「…ありがとう」

そのとき柚は、ふとあることを思いついた。

「そうだ。ねえ、変なお願いをしてもいい?」

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
賢也がどんな男性なのかまだよく分からないけれど、平気で二股とかするような人は結婚しても不倫すると思うから。止めておいた方がいい気がするなぁ。
2022/05/20 05:3299+返信1件
No Name
まだ結婚もしてないのに、お料理とかあれこれ色々世話焼きし過ぎると、おかんみたいな存在になり、結婚を意識するどころか別れたくなり、結局浮気されるんだと思うわ。
2022/05/20 05:3667返信13件
No Name
イケメン東山さんは既婚者か彼女持ちかな…
最終的には友達とハッピーエンドが最近の東カレ小説の流行り?!だから。
2022/05/20 05:2944返信1件
No Name
親友に彼氏の浮気相手を誘惑しろとか柚最低。創の気持ちはどうでもいいのか?
それに一度浮気した男はまたやるし、浮気される程柚にも魅力がないんだから、どの道破局。しがみ付くだけ無駄。
2022/05/20 05:2938返信1件
No Name
どうして、夕食の支度とか家事全般に精を出すの? 「家の事は女の仕事」とか思ってるなら価値観古過ぎ。分担しながら、上手くやれば良いのに。 ここ2カ月、19時頃LINE来て今日も遅くなるとか、完全に舐められてる。食事の有無聞いて返信が「不要」って。怪し過ぎ!
2022/05/20 05:5634返信9件
もっと見る ( 73 件 )

【ごめん、今日も遅くなる。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo