ごめん、今日も遅くなる。 Vol.1

ごめん、今日も遅くなる:「あの女を、誘惑して…」彼氏の浮気現場を目撃した女が、男友達にした依頼とは

「お願いって?」

首を傾げた創に、柚は少し迷いながらも言った。

「賢也の浮気相手を口説いて、落としてみてくれないかな?」

創は目をしばしばさせて、「え?」と言った。

「突拍子もないことを言ってるのは、わかる。でも創が誘ったら、きっとあの人はすぐに賢也への興味をなくすと思うの。そしたら賢也は、泣く泣くでも私のところに戻ってくるわ…」

「…それ、柚は幸せなの?」

「なんでもいいの。賢也を失いたくない」

どんな手を使ってでも、賢也との未来が欲しい。その気持ちだけが、柚の心に溢れていた。


最初に賢也に疑いを抱いたのは、4日前のこと。

その日、柚はいつものように、リモートワークを終えてキッチンに立っていた。

鶏肉にきつね色の焼き目がついたのを確認し、鍋に牛乳をそっと注ぎ込む。食欲をそそる香りを感じながら、すがるように願った。

― 今日は、早く帰ってきてくれるといいんだけど。

付き合って丸3年、同棲して丸1年の賢也は、最近とても忙しそうなのだ。2ヶ月前から、かなりの頻度でこんなLINEが来るようになった。

『ごめん、今日も遅くなる』

連絡が来るのは決まって19時前。その場合、帰りは0時を回る。そんなことが週に2、3回あるのだ。

― 賢也、お仕事頑張ってるんだなあ。

大手総合商社勤務の賢也は、責任感が強い性格だ。きっと会社でも頼りにされる存在なのだろう。

だからこそ、家では賢也を労ってあげたい。その一心で、柚は料理をはじめ家事全般に精を出してきた。

とはいえ柚も、賢也の比ではないものの多忙だ。大手化粧品メーカーのマーケティング職で、チームリーダーを務めている。

― もし1人暮らしだったら、平日のお夕食くらい適当に買って済ましてもいいんだけど…。

それでも、熱心に働く賢也に美味しいものを食べてほしいという気持ちが、疲れた柚を張り切らせるのだった。

目の前の鍋の中でコトコトと煮込まれているのは、シュクメルリだ。先週末に賢也と一緒に見たテレビ番組で、レシピが紹介されていた。

「これ美味しそうね。今度作ってあげる」。テレビの前でそう言ったら、賢也は「いいね」と笑ってくれたのだ。

― よーし、できた!いい感じ!しかも賢也の好きな味!

味見をして微笑んだそのとき、柚のスマホが鳴り、賢也からのLINEメッセージをホーム画面に表示した。

『ごめん、今日も遅くなる』

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
賢也がどんな男性なのかまだよく分からないけれど、平気で二股とかするような人は結婚しても不倫すると思うから。止めておいた方がいい気がするなぁ。
2022/05/20 05:3299+返信1件
No Name
まだ結婚もしてないのに、お料理とかあれこれ色々世話焼きし過ぎると、おかんみたいな存在になり、結婚を意識するどころか別れたくなり、結局浮気されるんだと思うわ。
2022/05/20 05:3668返信13件
No Name
イケメン東山さんは既婚者か彼女持ちかな…
最終的には友達とハッピーエンドが最近の東カレ小説の流行り?!だから。
2022/05/20 05:2944返信1件
No Name
親友に彼氏の浮気相手を誘惑しろとか柚最低。創の気持ちはどうでもいいのか?
それに一度浮気した男はまたやるし、浮気される程柚にも魅力がないんだから、どの道破局。しがみ付くだけ無駄。
2022/05/20 05:2939返信1件
No Name
どうして、夕食の支度とか家事全般に精を出すの? 「家の事は女の仕事」とか思ってるなら価値観古過ぎ。分担しながら、上手くやれば良いのに。 ここ2カ月、19時頃LINE来て今日も遅くなるとか、完全に舐められてる。食事の有無聞いて返信が「不要」って。怪し過ぎ!
2022/05/20 05:5635返信9件
もっと見る ( 73 件 )

【ごめん、今日も遅くなる。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo