推す女 Vol.9

「噂の会員制バー、行ってみない?」3年恋人ナシの地味女が、港区女子の誘いに乗った理由は…

どんなに手を伸ばしても、絶対に届かない相手を想う。

結ばれることのない相手に人生を捧げる、女たちの心情を紐解いていく。

これは、「推し」がいる女たちのストーリー。

▶前回:3回目のデート後、まさかのLINEブロック。猛攻アプローチをうけていた女が、突然切られたワケ


推しの“弟”と繋がりをもった女・幸恵(26)【前編】


『彼がとなりで寝てるなんて……夢みたい。私、こんなに幸せでいいのかな?』

ツイートに添えられた画像には、某有名アイドルと思しき男性の寝顔が写っている。

昨日の深夜からTwitterを騒がせているこの投稿は、男性アイドルと何かしらの方法で“繋がった”ファンの鍵アカウントから流出したものらしい。

― ほんと、ばかばかしい。

こんな写真を撮られるなんて、アイドルの風上にも置けない。何より、それをわざわざSNSに載せるファンの女に嫌悪感を抱いた。

― それに比べて、私の推しは……。

会社のデスクに飾ったブロマイドを眺め、うっとりする。

彼は、男性アイドル「高木國弘」。推し歴はもう5年になる。“くにちゃん”の愛称で親しまれ、芸能界でも品行方正で有名だ。今年で30歳になるが、見た目は若々しく、目鼻立ちがくっきりとした美しいビジュアルだ。

「さて、仕事仕事」

気持ちを切り替え、目の前のPCに向き直る。

私は、都内の制作会社でWebデザイナーをしている。忙しさにはムラがある仕事だが、今は短納期の案件が多く慌ただしい時期だ。

こんな、くだらない炎上騒動にかまけている場合ではないのだが……。

「幸恵、聞いてよ~。昨日の飲み会にいた男が超面倒で。この人知ってる?2.5次元俳優らしいんだけど」

隣の席に座る梨々花が、スマホの画面をこちらに向けてきた。

【推す女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo