推す女 Vol.4

「この男ないわ…」デート中28歳女が即断。別れ際、彼に言い放った強烈なセリフとは

どんなに手を伸ばしても、絶対に届かない相手を想う。

結ばれることのない相手に人生を捧げる、女たちの心情を紐解いていく。

これは、「推し」がいる女たちのストーリー。

◆これまでのあらすじ

乙女ゲームが大好きで、課金しまくる女・友梨佳(28)。今の生活に不安を覚えた彼女は、友人のアドバイスを受け、推し活を思う存分楽しむために経済力のある夫を見つけるべく婚活を始めたが…?

▶前回:年収600万以上なのに貯金50万以下の28歳女。誰にも言えない“あるモノ”にお金を費やしていて…


浪費しすぎて、貯金がない女・松下友梨佳(28)【後編】


「全然ダメだぁ……」

私は、自室のソファに寝転びクッションに顔をうずめた。

結婚相談所に登録して、早1ヶ月。

男性からオファーはたくさんくるし、カウンセラーも「ここだけの話、松下さん本当に大人気です」なんて言ってくれている。

でも、相手のプロフィールを見ると、正直顔も収入も微妙な人ばかり。

とりあえず何人かと顔合わせをしてみたけれど、2回目以降も会ってみたいと思える人は1人もいなかった。

― やっぱり入会金が高くても、審査の厳しいハイスペ男性専門の結婚相談所に登録したほうが良かったかな……。

いまさら後悔しても、別の結婚相談所に登録し直すほどの金銭的余裕はない。

何といっても、私の貯金はもともと50万円以下で、そこから結婚相談所への登録やプロフィール写真撮影などで20万円ほど使ってしまった。

そもそも薫子さんの旦那さんのように、社会的地位とお金があって、優しくて穏やかで、オタク趣味にも理解が深い人なんて、ガチャでSSR(スーパースペシャルレア)を引き当てるようなものだろう。

― 来週土曜も顔合わせか…精神科医らしいから、今までの人に比べたら年収は高いけど…なんかもう面倒くさいな。

【推す女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo