ニューノーマルな男と女 Vol.8

「在宅勤務はもう限界!」バツイチ女の悲痛な叫び。元夫にシッターを頼んでみたら、意外にも…?

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:マッチングアプリで3人の男と交際する女。恋人を選ぶ彼女の“運命の王子様”は誰?


Act8. 最後の砦

2019年11月


望月桐花の幸せ…それは、娘・栄花の笑顔である。

「ママー。お仕事、頑張ってね」

桐花は保育園の見送りで、娘の笑顔から元気をもらって今日も仕事に向かう。

「ありがとう。えぃちゃんもお友達と仲良くね」

今年で2歳になる栄花。桐花に似て目鼻立ちが整っている、天使のよ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
失ってから気付くこともあるね🥺
個人的にはいい終わり方だと思った。
2021/12/15 05:1699+返信5件
No Name
離婚しても親には違いないんだから、甘えておこう。迷惑かけていこう。意地張らなくていいよ。
2021/12/15 05:3599+
No Name
栄作が本当に改心していれば良いけど。
一緒に暮らして起業したらまた忙しいって何もやらなくなるとか十分にあり得るから。
2021/12/15 05:3048
No Name
あの時は急に学校も保育園も休みになっちゃって、ほんと困っただろうなぁ。
2021/12/15 07:4530
No Name
子供に会社のパソコン触られるの、本当にヒヤヒヤしますよね。そんな所に置いておく方が悪い、のでしょうが、在宅勤務中心になるとどうしようもなく。
2021/12/15 07:5817返信2件
もっと見る ( 30 件 )

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo