ニューノーマルな男と女 Vol.4

男と六本木で1週間のホテル密会。のちに女が思い知る“快楽の代償”とは…

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:緊急事態宣言中に上司の誕生日パーティー。苦言を呈した女が受けたヒドい仕打ち

Act4. イケナイ密な関係

2020年5月


「はぁ…もう、2ヶ月も会ってないよ」

新型コロナウィルスの蔓延による自粛生活も、2ヶ月以上経過した頃。

いまだ慣れていないスマホのアプリゲームで空虚を潰しながら、高山絵里香は切なさに悶絶していた。

絵里香は新宿の百貨店にあるハイブランドの店舗で販売員をする25歳。

美しいロングヘアに、すらりとした体型と身のこなし。年齢の割に落ち着いた雰囲気は、ターゲットの年齢層が高いそのブランドのイメージ通りで、顧客からの信頼も厚かった。

絵里香が思いをはせる男・望月もその顧客の1人だ。

彼とは、妻の誕生日プレゼントを買いに来たことがきっかけで出会った。その日の夜に百貨店近くのバーで再会し、一瞬で運命を感じた2人は、すぐに意気投合した。

望月は百貨店の近くの大手不動産会社で、トップの成績を誇る営業マンだ。そんな彼は湘南在住。持ち家の戸建てで、家族とともに暮らしている。

感染症がまん延する前は、週に1回か2回は会っていた。

職業柄、接待が多く、激務。また終電の早い郊外に住んでいる彼は、お泊まりの言い逃れをすることもたやすかった。

だが、この状況下…。彼が都内に出ることも減り、夜も休日も当然ながら出歩くことが厳しくなったのである。

絵里香の勤務する百貨店も休業。休業手当が出るので生活は何とかなるものの、時間を持て余すことが一番きつかった。

望月のことを、1人想う時間がそれだけ長くなってしまうのだから…。

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo