ニューノーマルな男と女 Vol.3

緊急事態宣言中に上司の誕生日パーティー。苦言を呈した女が受けたヒドい仕打ち

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:コロナ禍でハワイ挙式を夢見る花嫁。絶望する彼女を襲う更なる不運とは…

Act3. ヒミツのパーティー

――2019年12月・パンデミック前の世界――


「マリリン、このページはプライスをオミットした形でフィックス?」

「あ、はい。これから経過をご連絡いたします」

「サンキュ~」

社員数30人ほどの渋谷にあるベンチャー企業。中途入社して2年目の日比鞠子は、いまだ慣れない同僚のノリに戸惑いながらもにこやかに微笑んだ。

アットホームで平均年齢も20代後半。生真面目な鞠子の性格的に違和感はあったが、みんな根はやさしく明るい人たちだ。

東京・下町で江戸切子の職人の家に生まれ、三世代家族のなかで育った鞠子。

大学卒業後は地元の役所に10年近く勤務していたが、一念発起して昨年、転職してきたのだ。

ECサイトを運営しているこの会社は、良質ながら知られていない伝統工芸品をモダンに提案し、メディアでも取り上げられたことで急成長中。

社長・荒川洋平は、35歳の若さながら社員の求心力を一身に集めている。

ヒゲに長髪、そして色つきのフレーム眼鏡をかけており、見た目的に一番苦手なタイプの彼。しかし、そのカリスマ性に鞠子が憧れを抱いているのは言うまでもない。そう、転職してでも入りたいと思うほどに…。

敏腕経営者である荒川の手法は、コロナが流行し始めた際も発揮された。彼はどの会社よりもいち早くリモートワークを導入したのだ。

― 見た目はチャラいのに、さすが社長よね…。

鞠子は羨望の眼差しで、リモート会議の画面の中心で社員に今後のビジョンを訴える彼を見つめた。

だが―

信頼が崩れ去るのは、一瞬であった。

コロナの波が勢いをさらに見せてきた、2021年の春。

鞠子は社長秘書の有坂愛奈から届いたメールに驚愕する。

『来月の社長の誕生日、会社でパーティーをしようと思います♪』

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo