ニューノーマルな男と女 Vol.7

マッチングアプリで3人の男と交際する女。恋人を選ぶ彼女の“運命の王子様”は誰?

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:「彼女がおかしくなっていく…」偏った思想にハマる恋人。男が病気のとき飲まされた水はなんと…


Act7. 3人の王子様

2021年6月


「じゃあ、マサさん。落ち着いたらごはんでも行きましょうね」

「ええぜひ。早く私も和可菜さんに会いたいです」

日曜日の夕方。

和可菜は、マッチングアプリで出会った35歳の医師“マサシ”と、ビデオデートを楽しんでいた。

都内の総合病院に小児科医として勤める彼。画面越しでしか会ったことはないが容姿も職業も、そして優しそうな性格も結婚相手としては申し分のない相手である。

「では、これから当直なので。失礼します」

名残惜しそうな表情の彼に胸をときめかせながら、和可菜も通話終了ボタンを押す。

だが、和可菜は1分もたたないうちに別の画面を開き、再び通話を開始するのだった。

「こんにちは、ともきさん。遅れちゃってごめんなさい…」

画面に映る男は“ともき”。マサシと同じマッチングアプリで知り合った商社勤務の28歳だ。

タバコを吸うという点でマサシよりも多少劣るが、こちらも結婚には不足ない相手。和可菜はこの男性とも交流を深めていた。

それ以外にも、別のアプリで出会った公務員の“俊彦”ともマッチングしている。

実は現段階で、この3人とそれぞれ親しくしている状態なのだ。

大手出版社で女性誌の編集をしている和可菜。愛嬌があり、整った目鼻立ちの彼女は、学生時代は周囲に男性が絶えなかった。もちろん当時は彼氏が途切れたことはない。

しかし、就職してからというのもの―

なんと、その多忙さと女性中心の職場ゆえ、彼氏がまったくできなかった。

そしてあっという間に、和可菜は29歳となってしまう。結婚を見据えた恋人が欲しいと思いつつも、やりがいのある仕事に忙殺されて、出会いがない日々。

だがこのご時世となり、オンラインでの出会いが主流になったので、和可菜の生活にも久々に春が訪れたのだ。

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo