ニューノーマルな男と女 Vol.6

「彼女がおかしくなっていく…」偏った思想にハマる恋人。男が病気のとき飲まされた水はなんと…

感染症の流行により、私たちの生活は一変してしまった。

自粛生活、ソーシャルディスタンス、リモートワーク。

東京で生きる人々の価値観と意識は、どう変化していったのだろうか?

これは”今”を生きる男女の、あるストーリー。

▶前回:おうち時間で15kg増した美女。中途入社の男に恋してしまい、ダイエットを決意するが…

Act6. 僕の正義、彼女の正義

2020年5月


「建樹さん、もうお昼よ。久々に『文化人』へ、おそばでも食べに行かない?」

天気のいい土曜日。築地にある3LDKの高層マンションの寝室。

霞が関に勤務する30歳の中村建樹は、1つ年下の恋人・勝瀬夕子の声で目が覚めた。

「あ…そんな時間か。もうちょっと寝たいんだよね…」

「そう…せっかくのお休みだからね。じゃあ、ランチは何か作っておくね」

このご時世、国内が混乱している今、建樹もその対応で大忙しだ。

残業が続き、帰宅後も職場から呼び出されることはしばしば。その日も、1ヶ月ぶりの休日だった。

― そういえば、前の休日もこんな感じだったな。

夢うつつの中、建樹はぼうっとそんなことを思う。

気づけば、まともに彼女と会話した記憶は1ヶ月以上ない。

次の休みこそは何かしようかと思いながらも、このご時世、遠出もできず、結局寝て過ごしてしまう。

― まぁ、そのことは十分承知で一緒にいてくれているはずだから…。

建樹は免罪符のようにその言葉を自分に言い聞かせる。彼女を軽く見ているわけでも、甘えているわけでもない。

ただ、信じているのだ。

自分の仕事を理解し、迷惑にならぬよう文句を言わずについてきてくれている女性。だからこそ、仕事に集中するのが自分の務め…建樹はそう思っていた。

“あのこと”を知るまでは…。

【ニューノーマルな男と女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo