私の年下くん Vol.2

食事会の初対面でにらんできた銀髪の年下男。彼が必死になって女に要求した“お願い”とは?

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

会社経営者の年上の彼氏に、振られてしまった多佳子。さらに、職場のテレビ局の報道部では、突然の異動で縁のなかったスポーツ部に配属されてしまう。

散々な状況で同期に誘われた食事会に参加すると、ある男性から鋭くにらまれてしまい…。

▶前回:年上との恋愛に疲れた33歳独身女。食事会で出会った男に意外な対応をされてしまい…


「お久しぶりです、美智子さん」

そう言って、礼儀正しく立ち上がったのは、ネイビーのスーツにブルーのネクタイがよく似合う好青年風の男性。彼が美智子の知り合いのようだ。

「宇佐美さんですよね?初めまして、黒木和馬です」

「あ、はい!宇佐美多佳子です。初めまして」

年下と聞いてはいたが、しっかりとした挨拶にホッと一息つく。

一方で私が個室に入ったとき、にらんできたもう1人の男性は、席に座ったまま黙り込んでいた。

ただ、黙っていてもキラキラと光る銀髪が目立つ。加えて、気の強さが前面に出た生意気そうな顔を見て、私は気がついた。

― 彼って、この間取材で見に行ったサッカーの試合に出てたよね?

けれど、名前が思い浮かばない。

自己紹介を拒むかのように沈黙する彼に困惑していると、黒木さんが代わりにこう言うのだった。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo