オレの、私の、“奢りテク”教えます Vol.4

オクムラ

手打そば おくむら

~奢る店選びの条件~
父親に"大人"を伝授された、気負いなく入れる老舗店

curated by
小宮山 雄飛

右.日本酒のアテにもそばのお供にもぴったりな天婦羅¥1,050。衣を抑えてカラリと揚げることで、素材の旨さがストレートに伝わる 左.北海道と長野のそば粉をブレンドした、せいろそば¥800。そば粉とつなぎの配合率は8.5割。つけ汁に香るかつおだしは、高級な亀節のみを使用

小宮山 雄飛【ミュージシャン】

後輩には知る限りの“いいもの”を伝えたい

原宿で生まれ育ち、現在も渋谷に事務所を構える小宮山雄飛さんが、高校生の頃から通う、創業33年の老舗そば屋『おくむら』。

仕事の合間に後輩を誘って、おすすめの「せいろ」を振る舞うこともしばしばなのだそう。この日は、小宮山さんと共にポッドキャストの番組でパーソナリティを務める作家の大橋慶三さんと、ミュージシャンのUMUさん、いつもの3人組で来店した。

「ここは親父に連れてきてもらって、本物のそばの味を教えてもらった店。渋谷や原宿もずいぶんと変わり、新しい店も増えましたが、僕に言わせれば渋谷でそばを食べるんだったら、まずはここでしょう、と」。

当時の小宮山さんにとって、ちょっと敷居が高く感じていたこの場所も、今では“奢る”のに、ちょうどいい店になった。旨いそばが食べられるが、いわゆる高級店ではない。そんな、ほどよい立ち位置のお店だから、どんな相手でも連れて行きやすいのだという。

小宮山 雄飛/Yuhi Komiyama

ホフディランのボーカル&キーボードを担当。音楽活動を中心に映画・番組プロデュースグルメ関連など知識を活かし多分野で活躍中

ここに限らず、人に奢るときの店選びは、父親から教えてもらった場所をチョイスすることが多い。会社に勤めたことがない彼にとって、“奢りの師匠”と言えば父親であり、店選びの目利きには全幅の信頼を置いているのだ。

「門前仲町にも、父親に酒の呑み方を教わった店があって、そこにもよく後輩を連れて行きます。自分が父親の元で味わった感動を、彼らにも伝えたいんですよ!」

そう熱く語る小宮山さんをよそに、日本酒をちびちび、呑気にそばを啜り続ける後輩ふたり。きっとその気持ちは伝わっている、はずだ。


東カレアプリダウンロードはこちら >

【オレの、私の、“奢りテク”教えます】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ