今はもう、なんでもないから Vol.8

「隣にいるこの人って…」元カレの写真を見返していると女友達から思いがけない反応が

あなたは恋人に、こう言ったことがあるだろうか?

「元カレとはもう、なんでもないから」

大人に”過去”はつきものだ。経験した恋愛の数だけ、過去の恋人が存在する。

だから多くの人は、1つの恋を終わらせるごとに、その相手との関係を断ち切っているだろう。

しかし “東京のアッパー層”というごく狭い世界では、恋が終わった相手とも、形を変えて関係が続いていく。

「今はもう、なんでもないから」という言葉とともに…。

◆これまでのあらすじ

千秋は、社内の後輩・健作と婚約中。しかし、2人と同じ会社に転職してきた雛乃は、健作の中高時代の元カノだった。

「今はただの親友」という雛乃の言葉に納得し友情を続ける千秋。だが、過去の思い出と比べられているのでは…と疑心暗鬼になってしまった結果、健作に別れを告げるのだった。

▶前回:周囲から“彼の元カノ”と比較される女。思い出の並木道で女が告げた恋の結末とは


「息を吸って…吐いて…意識を指先、つま先に戻して…」

高い室温と湿度の中、インストラクターの穏やかな声に合わせて、体の隅々まで感覚を行き渡らせる。目をつぶって横になっていた時間は5分にも満たないのに、驚くほど体がスッキリとしている。

ゆっくりと体を起こし合掌で挨拶をすると......


【今はもう、なんでもないから】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo