高偏差値なオンナたち Vol.2

子どもについて、夫婦の話し合いを避け続けたら…。産婦人科のアラサー女医が妊活に積極的になれない理由

高い偏差値を取って、いい大学へ進学する。

それは、この東京で成功するための最も安定したルートだ。

…あなたが、男である限り。

結婚や出産などさまざまな要因で人生を左右される女の人生では、高偏差値や高学歴は武器になることもあれば、枷になることもある。

幸福と苦悩。成功と失敗。正解と不正解。そして、勝利と敗北。

”偏差値”という呪いに囚われた女たちは、学生時代を終えて大人になった今も…もがき続けているのだ。

▶前回:自分よりも低学歴な夫が海外駐在に。復職断念を迫られた妻は、口が滑って…


File2. 沙絵(30)
「私はいつ出産すればいいの?」


「番号札33番の方、2番の診察室にお入りください」

診察室のデスクにあるPCで次の患者の情報を確認しながら、こう呼び出しをした。

総合病院の産婦人科医として勤務する沙絵は、今日も診察室で数多くの妊婦健診に対応している。妊婦検診を担当するのが週に3日、それ以外の2日は帝王切開や腫瘍摘出などの手術の担当だ。

診察室で沙絵の目の前に現れる、様々な年齢の妊婦たち。

東京は高齢出産傾向が年々高くなっているため、沙絵よりはるかに年上の女性もいるが、多くは同い年か少し年上くらいの女性たちだ。

― きっとこの妊婦さんたちに、「この先生は何歳くらいなんだろう?」とか「出産経験あるのかな?」とか、思われてるんだろうな。もしかしたら「出産経験がない先生の診察なんて受けたくない」って思っていたりするのかな…。

ぼんやりと自分の将来を案じながら、診察に明け暮れる毎日。

― こんなに毎日妊婦さんに接しているけど、私自身は一体いつ出産すればいいのかな…高齢になれば妊娠・出産のリスクが高くなるのは、私が一番わかっているはずなのに…。

悶々とする日が続いて、もうどれくらい経つだろうか。

こう考えない日の方がないと言えるくらいに、毎日同じことを考えてしまうのだ。

そんなある日、悩む沙絵の診察室に、とても若い妊婦が入室してきた。

【高偏差値なオンナたち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo