アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜 Vol.8

「今夜は夫を無視しよう」結婚生活の理想と現実。イライラする妻に対して、温和な夫は…

キャリアが欲しい。名声を得たい。今よりもっとレベルアップしたい。

尽きることのない欲望は、競争の激しい外資系企業のオンナたちに必要不可欠なもの。

しかし、ひとつ扱いを間違えると身を滅ぼしかねないのも、また欲望の持つ一面なのだ。

貪欲に高みを目指す、ハイスペックな外資系オンナたち。

その強さと、身を灼くほどの上昇志向を、あなたは今日目撃する──

▶前回:「時短で楽してるくせに…」ワーママを目の敵にするキャリア重視の女が、不本意な業務を割り振られ…

File8. 綾乃(29)外資系消費財メーカー マーケティング職
「理想的なワーキングマザーのワタシ」を目指す女が忘れていたものとは


「あーあ、朝から康介と喧嘩しちゃった…。昨日の取引先トラブルから全然ついてないなぁ…」

綾乃は憂鬱な気持ちを抱えながら、時計をチラ見して、デスクで急いで『CRISP SALAD WORKS』のサラダを食べていた。

今朝の夫の康介との喧嘩。原因は、明らかに綾乃にあった。

昨日、部下の不手際で取引先とのトラブルが発生したために、娘の真奈の保育園へのお迎えを夫の康介に頼まざるを得なくなったのだ。

夫婦の間では、「送り=康介、お迎え=綾乃」が基本ルールとなっている。そのため、この状況であれば綾乃は康介に「ありがとう」と伝えるべき立場だ。

しかし、仕事のトラブル、お迎えを康介に任せた後ろめたさ、家事のリカバリーなどで、昨日の綾乃はすっかりキャパオーバー状態。

そして今朝。

「真奈の保育園に持っていく着替えの服が見つからない」という、他人から見たら非常に些細な出来事をきっかけに、ヒステリー気味に康介に当たってしまったのだ。

いつも温厚な康介のことだ。少しくらい八つ当たりしてもさらっと流してもらえると、心のどこかで思っていたのかもしれない。しかし、今朝の康介は黙ったままではいなかった。

「そんなことくらい、俺に任せればいいだろう?綾乃は一体何に向かってそんなに頑張っているの」

ぐうの音も出ない綾乃は「もう、いい!」という言葉を残して、そのまま家を出てしまったのだった。

― あぁ、今日は家で何て康介に言おうかな…。こんな鬱々とした気持ちで謝っても、仲直りできそうもないなぁ…

ぼんやりと思いながらも、今日は彼にお迎えを任せるわけにはいかないと気合を入れる。

食べ終わったサラダ容器を捨て午後の仕事に取り掛かりはじめると、綾乃はポツリと呟くのだった。

「どうしてこんなことになっちゃったんだろう…」

【アイ・ニード・モア〜外資系オンナの欲望〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo