ごきげんよう時代を過ぎても Vol.5

「好きな人にソレだけはできない…」28歳・隠れ令嬢が心に決めた、哀しい逆ルール

東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。

それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。

しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づくのだ。

―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…!

ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、物語。

◆これまでのあらすじ

大手広告代理店に勤める凛々子の秘密と、不器用な恋。そして裕福な専業主婦・文香の葛藤と再生を紹介した。

今回は、売れっ子ライター美乃の悩み。

▶前回:「深夜、旅館に“ある人”を呼び寄せて…」超お嬢様たちがハメを外す、禁断の修学旅行


淋しい売れっ子ライター・美乃の話【前編】


「やっぱり80年代の映画はいいなあ」

映画館に行きやすいという理由で、両親に買ってもらった六本木一丁目のマンション。3LDKの一室はホームシアター仕様にしている。

「うう、いい映画だわ…」

美乃はプロジェクターに映ったエンドロールを見て涙をぬぐいながら、ビールを飲む。本当は週末までに書かねばならない原稿が2本あった。

でも今夜は、おなじみのハッピーエンドだとわかっている古き良き映画を観たい気分だったのだ。

そんなふうに感傷的になっているのは、たぶん昨日、文香に会ったから。

今でこそ売れっ子演劇ライターとして注目されている美乃だが、中高時代はダークサイド寄りだった。

人生で一番ひりひりするような思いを抱えていた頃。同時に、最も守られてもいた頃。

「文香にはあんなこと言ったけど…。私って、いいことあるのかなあ、この先」

私たちまだまだこれからよ、なんて言ったけれど。正確には「文香は」だ。それは幸せの王道から目を逸らさずに「清廉に、ひたむきに」生きてきた彼女の特権だと思う。

「目を逸らしまくって、こんな獣道に来ちゃった私は、どうなっちゃうんでしょうか先生…」

美乃は腫れぼったい目をごしごしこすって、またビールを飲む。

自分がどの時点で決定的に「女子の王道」からも、あれほど刷り込まれた「校訓」からも逸れたのだろうかと検証し始めていた。

【ごきげんよう時代を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo