ごきげんよう時代を過ぎても Vol.4

「深夜、旅館に“ある人”を呼び寄せて…」超お嬢様たちがハメを外す、禁断の修学旅行

東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。

それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。

しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づく。

―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…!

ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、物語。

◆これまでのあらすじ

1人目は大手広告代理店勤務・凛々子の“秘密”と不器用な恋を紹介した。

2人目は、凛々子の同級生で裕福な専業主婦・文香。お嬢様学校でコンプレックスを抱いた結果、お見合いで資産家と“愛のない結婚”をしてしまう。そのことに罪悪感を抱き始めて…?

▶前回:「お金のために、私はあるモノを棄てた…」28歳で広尾在住専業主婦になった女の、哀しき劣等感


28歳の広尾マダム・文香の話【後編】


「ああ美味しい~!やっぱり私、世界一好きなのはトリュフと卵のコンビかも!」

スライスされたばかりのトリュフが、口の中で溶けて芳香を放つ。文香は、この前美乃と話したときからくすぶっているモヤモヤが晴れていくような気がした。

「美味しいねえ、予約ありがとうだよ麻美」

「いいのよ、電話1本入れただけ。おじいさまの頃からのお付き合いだからね。ご主人と来たいときは連絡して!私経由でなんとかなるかも」

今日は高校の同級生の中で、文香とほぼ同時期に結婚した麻美と“放蕩ディナー”にやってきた。

なんのことはない、暇に任せて夫の金で予約困難店を順番にめぐり、心ゆくまでワインをあける会だ。

このような妻友会はあちこちのコミュニティで組閣することができるが、結局は夫への不満や噂話に終始する。

しかしあの学校を出た友達は、そういうものとは無縁で、文香はそれが好きだった。

もともと超絶恵まれた彼女たちが、若くして超絶裕福な家に嫁いだのだ。不満なんてたかが知れている。

それに文香は悪口や文句を言うほど、夫のことを理解しているとは言い難い。熱心に悪口を言うのは、愛情や期待の裏返しなのだ。

― やっぱりお金が大事なのよ。お金があれば、こんなにも優しくなれる。私は間違ってない。

文香は、ペアリングされた白ワインをこくんと飲み込んだ。

【ごきげんよう時代を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo