ごきげんよう時代を過ぎても Vol.3

「お金のために、私はあるモノを棄てた…」28歳で広尾在住専業主婦になった女の、哀しき劣等感

東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。

それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。

「銀のスプーンをくわえて生まれてきた」彼女たちは、その狭い楽園で思いっきり青春を謳歌する。

しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づくのだ。

―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…!

ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、奮闘ぶりをお届けしよう。

◆これまでのあらすじ

前回は日本屈指の名門女子校を卒業して10年、大手広告代理店に勤める凛々子の“秘密”と、不器用な恋を紹介した。

今回は、そんな凛々子の同級生で裕福な専業主婦・文香の物語。

▶前回:28歳・交際経験なしの美女。好きな男の前で、お嬢様校卒が裏目に出た“アノ瞬間”とは?


28歳の広尾マダム・文香の話【前編】


「凛々子ったら…。せっかくみんなで同窓会に行けると思ったのに、つれないなあ~」

土曜の午前中。朝9時を待ってすぐにかけた電話をすげなく切られ、文香はがっかりしながら真っ白なソファに座った。

昨日届いた、高校卒業10年記念同窓会の招待状。絶対に参加しようと、まずはフットワー......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
美乃の家庭の事情、まわりのみんなが暗黙の了解だったように、文香の事情も周りは暗黙の了解だったと思う。
本人は頑張って隠したかったと思うけど、周りは承知の上で仲良くしてたんじゃないかな
2021/07/09 05:5499+返信17件
No Name
好きでもない人と結婚はちょっと....と思うけど、好きでも嫌いでもない人ならいいんじゃない?😂
2021/07/09 05:4995返信8件
No Name
聞いてもないのにお嬢様のフリする子、たまにいるよねー。周囲は薄々気付いてるのに、本人は騙せてると思いこんでる。
2021/07/09 05:5140返信9件
No Name
あとから好きになれるような良い人でないのかな?旦那さん
別にお見合い結婚とかわらないようか...
お見合い結婚なんてむしろアッパー層なんて当たり前だし、

好きじゃなくて結婚ってむしろお嬢様多い話では?
2021/07/09 06:3325
No Name
おそらくモデルになっている女子校出身で同世代ですが、港区よりは目黒や武蔵野市や荻窪のお屋敷街の方が多かった記憶があります。
マンションよりも先祖代々の土地に一軒家というパターンが多かったですし、親の代で購入したにしてもほぼみんな専業主婦家庭なので、交通の便より緑が多いところでのびのびという雰囲気でした。
普通に千葉や神奈川のこもいました、開業医や開業弁護士など。
2021/07/09 06:5219返信14件
もっと見る ( 105 件 )

【ごきげんよう時代を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo