ごきげんよう時代を過ぎても Vol.2

28歳・交際経験なしの美女。好きな男の前で、お嬢様校卒が裏目に出た“アノ瞬間”とは?

東京には、お嬢様だけのクローズド・パラダイスが存在する。

それはアッパー層の子女たちが通う”超名門女子校”だ。

「銀のスプーンをくわえて生まれてきた」彼女たちは、その狭い楽園で思いっきり青春を謳歌する。

しかし誰もが永遠に、そのパラダイスにはいられない。18歳の春、外の世界に放たれた彼女たちは突如気づくのだ。

―「お嬢様学校卒のブランド」って、令和の東京じゃ何の役にも立たない…!

ハードモードデビュー10年目。秘密の楽園から放たれた彼女たちの、奮闘ぶりをお届けしよう。

◆これまでのあらすじ

日本屈指の名門女子校を卒業した凛々子は、大手広告代理店での仕事に忙殺され、すり減っていく日々を過ごしている。

ある夜、同級生の文香と約束したカフェに向かっていると、ひそかに思いを寄せる職場の先輩・中条が、後輩美女の有美と歩いているところを目撃してしまい…?

▶前回:お嬢様校卒・28歳の彼氏ナシ女が「私ヤバいかも」と自覚したワケ


大手代理店勤務・凛々子の話【後編】


「凛々子が自分から男の人を好きになるの、もしかして高校時代の“ヒロ君”以来じゃない?」

好意を抱いている会社の先輩・中条と、美人後輩が一緒に歩いているのを目撃してから、かれこれ1時間。凛々子は文香にさえ内緒にしていた秘密を、カフェで洗いざらい話していた。

「うわっ、ヒロ君の話は恥ずかしいからやめてよ…」

凛々子は久しぶりに口にした名前に、胸がぎゅっとなるのを感じた。

「あの頃の凛々子は男に免疫なかったよねえ。あ、今もか。英語塾で隣の席だった、っていうだけで2年も片思いしてたとか、もう普通の女子高生が聞いたらドン引きだよね」

「確かに自分でも、今思うと気味が悪いわ…。でも本当に好きだったの。ヒロ君が通ってた麻布のホームページ見て、どんな学校生活送ってるのか妄想したりしてたなあ」

「きもっ!ていうか凛々子は、寄ってくるのはオラオラ系の男なのに、好きなのは優しくて賢い男っていうのが乖離ありすぎなのよ」

文香が手を叩いて笑ってくれて、凛々子はようやく1時間ぶりに脱力して笑うことができた。さすが12歳からの付き合いだけある。

思いがけず、誰にも言えなかった「男の人と付き合ったことがない」というコンプレックスを告白してしまったが、彼女はまったく動じていない。

もしかしてそんなことお見通しだったのかもしれない。いずれにせよ、それが無性にありがたかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
とりあえず、必死で玉の輿に乗ろうとしながら相手のダメ出しばかりするとか、性格が残念なのにブスなせいにしてばかりいる主人公より、断然凛々子の方が好印象だった!
良いタイミングで誘えてよかったよ♡
2021/07/02 05:2899+返信1件
No Name
凛々子がんばれ!応援したくなる!
2021/07/02 05:4299+返信2件
No Name
全文が表示されなくなってますが、同じ症状の方、いらっしゃいますか?
2021/07/02 07:2171返信34件
No Name
この話を読んでハヅキルーペのCM秘話を思い出した。最初は電通にCM制作を依頼して出来上がったのがやたらオシャレでカッコいい映像だったけど、商品の特徴とか何もわからない内容だったそうな。で、社長がこんな物に億単位も払えるか!ってなって自分であのCMを作り大ヒット。クリエイターは広告を自分の芸術作品だと勘違いしてるって言ってた。
2021/07/02 07:1848
No Name
中条さん、好きだわ〜
2021/07/02 06:0332返信1件
もっと見る ( 76 件 )

【ごきげんよう時代を過ぎても】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo