小寺慶子の「次くる肉!」 Vol.5

レストランシチジョウ

Restaurant Shichijo

『七條』のディナー限定
ごちそう肉料理を堪能!

オーストラリア産 仔羊背肉のロースト タイム風味 にんにくコンフィとタプナード添え1人前¥2,600(写真は2人前)

いまも昔も変わらず、日本人は洋食が好きだ。子どもの頃に食べた思い出の味だから、とか、ごはんによく合う“おかず”だからとか人によって意見はそれぞれだが、洋食という言葉には、なぜか胸が焦がれる響きがあるように思う。

東京の洋食文化をささえてきた『レストラン七條』が、ビルの建て替えにともない移店したのは、今年の3月。海老フライやクリームコロッケ、ビーフカレーなど、昔懐かしい洋食メニューが食べられる店として有名だが、ディナー時には純血バスク 豚肩ロースのポワレ シャルキュティエール風といった、フレンチのエッセンスを取り入れた料理もお目見えする。

メインは圧倒的に肉メニュー率が高め。というのも、店主の七條清孝さんは、フレンチ界の“ニクヤキスト”こと、北島素幸シェフのもとに3年間通い続け、その技を間近で学んだ経験も持つ。

「肉は焼くんじゃない。温めるんだ」という師の教えが心に息づいてるのは、写真の仔羊背肉のローストを見ても一目瞭然。断面は美しいロゼ色をしており、噛めばラムの風味がぶわっと口中に広がる。もちろん夜でも洋食のオーダーは可能。〆にハヤシライスなんてなかなかオツじゃないですか!

●こでらけいこ
人生最後の日に食べたいのはもちろん肉。年齢とともにカルビよりハラミ、サーロインよりもヒレと、嗜好が変わりつつあるが"肉愛"は不変! 趣味はひとり焼肉


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小寺慶子の「次くる肉!」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ