へんなかねもち図鑑 Vol.1

へんなかねもち図鑑:「ネイルが紹介で半額♡」の罠。富裕層が支払う本当の“お友達価格”とは

茉莉花さんが“特別”な理由。それは、彼女が超・ド級のお嬢様で、おかねもちだから。

誰もが知っている大企業の創業家に生まれ育ち、家は千代田区の豪邸。幼稚園からエスカレーターで白百合、大学は上智。この会社の社長も、お父様と経営者仲間だっていう噂。

埼玉の、ごく普通のサラリーマン家庭出身で、辛うじて奨学金ナシで法政大学を卒業した私とは、バックグラウンドからして全然違うのだ。

「日菜ちゃん?」

月とすっぽんのような落差に気が遠くなりそうな私を、茉莉花さんが心配そうに覗き込む。その口もとに寄せた指先が、美しいネイルアートで宝石のようにきらきらと光った。

いつだって輝いている茉莉花さんは、爪の先まで常に完璧。

「茉莉花さんって、いつもネイルすごく綺麗ですよね。どこのサロンに行ってるんですか?」

ほとんど無意識のうちに、そう尋ねていた。

プライベートに踏み込んでしまって、気を悪くしたかも?と一瞬心配になったけれど、彼女の反応は全然違った。パアッと大輪の百合が咲いたような笑顔を見せて「嬉しい〜」と喜んでくれたのだ。

― あぁ、茉莉花さん…。笑顔も美人すぎません?

お嬢様の美貌を目の当たりにして惚けるしかない私に、彼女は嬉しそうに続ける。

「いつもお友達のサロンでやってもらってるの。よかったら日菜ちゃん、週末一緒に行かない?とってもセンスいいのよ」

音楽みたいに心地よく響く茉莉花さんのお誘いに、思わず「ぜひ!」と言ってしまいそうになる。けれど、ギリギリのところで私は踏みとどまった。

少しでも茉莉花さんみたいになれたら嬉しいけど、超お嬢様の茉莉花さんが通う、超お嬢様友達のネイルサロンなんて。もしかしたら、めちゃくちゃお値段が高いのでは…?

急に心配になった私は、どうにか愛想笑いを浮かべる。そんな私の様子にまったく気づいていない茉莉花さんは、上機嫌でiPhoneの画面を私に差し出した。

表示された恵比寿のプライベートネイルサロンのInstagramは、わかりやすい料金表が表示されている。意外にも良心的なお値段で、シンプルなフレンチネイルなら1万円くらいで済みそうだった。

「わぁ、かわいい…!お値段もそこまでじゃないんですね!」

思わず本音が出てしまった私に、彼女はにっこりと頷く。

「そうなの。あ、でも…。私はいつも“お友達価格”なんだけどね」

お友達価格。なら、これ以上安くなる?もしかして茉莉花さんと一緒に行ったら、私もお友達価格にしてもらえるかも…?

でも…と言い淀んでいたのは、私にはお友達価格が適用されない可能性があるからかもしれない。それだって、定価で1万円くらいなら私だって出せる値段だ。

こうなってみれば、せっかくのお誘いを断る理由は何ひとつ見つからない。

― お得なお値段で、茉莉花さんに一歩近づけちゃうなんて!

“お友達価格”の響きにほんのちょっぴりヨコシマな考えを抱きつつ、私は「ぜひぜひご一緒させてください♡」と前のめりに答えたのだった。


迎えた約束の土曜日。サロンのある恵比寿の住宅街に、茉莉花さんは約束の時間きっかり5分前に現れた。

「日菜ちゃん〜。ごめんね、お待たせしちゃって」

タクシーの中で支払いを済ませながら、開いた窓越しにそう謝る茉莉花さん。遅れていないのに後から到着しただけで謝るところは、さすが......


【へんなかねもち図鑑】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo