この結婚、間違ってた? Vol.4

「まさか夫が…!?」妊活が原因で、夫婦に生じた亀裂。焦った35歳妻が下した決断

「やめるときも、すこやかなるときも、あなたを愛する」と誓ったはずなのに…。

“やめるとき”は、愛せないのが現実。

思い描いていた結婚生活とは程遠く、二人の間に徐々に生じ始める不協和音。

「こんなはずじゃなかった」と不満が募ったとき、そもそも「この結婚、間違ってた?」とふりかえる。

あなただったら、この結婚生活やめる?それとも…?

▶前回:条件を下げ、35歳で結婚した下落合に住む女。彼女に待ち受けていた、予想外の新婚生活


Vol.4 妊娠を望む年上妻の葛藤


【今週の夫婦・結婚4年目】
夫:純也(32)歯科医
妻:美月(35)メガバンク勤務


日曜日の8時。もう少し寝ていたかったのに、スマホの振動で目が覚める。

眠い目をこすりながら、スマホを充電器から半ば乱暴に引っこ抜き、メッセージを確認した。

『お義母さん:美月ちゃん身体細いし、虚弱体質かな?と思って。すごくいい漢方見つけたので送ります。ぜひ飲んでね!』

― 漢方……。

「美月、どうした?神妙な顔して」

寝癖で髪がサイヤ人のような夫の純也が、寝転がったまま尋ねた。

「お義母さんが漢方薬送ってくれたみたい。冷え症に効くやつだって」

そう私が答えると、純也は自分の母親が妻を気遣っていることが嬉しいのか、満足そうに微笑んだ。

― でも、こういうのって本人が診察してもらわないと意味がないんじゃ…。

そう指摘したい気持ちをグッとこらえ、お礼の言葉をLINEで送る。

結婚する前は、話しやすい義母で良かったと思ったが、こんなにしょっちゅう連絡してくるのは予想外だった。そもそも、義母が漢方薬を送ってくる理由は、単に私の冷え症を心配しているからではない。

私たち夫婦に、子どもがいないからだ。

【この結婚、間違ってた?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo