渋谷物語 Vol.4

彼氏に内緒で、夜な夜な男のもとに通う女。その場で“ある強引な誘い”を受けて…?

文化・流行の発信基地であり、日々刻々と変化し続ける渋谷。

渋谷系の隆盛から、ITバブル。さらに再開発を経て現在の姿へ…。

「時代を映す鏡」とも呼ばれるスクランブル交差点には、今日も多くの男女が行き交っている。

これは、変貌し続ける街で生きる“変わらない男と女”の物語だ。

◆これまでのあらすじ

14歳の頃に渋谷で出会い、その後付き合い始めた梨奈と恭一。広告代理店に就職し、カメラマンをしている彼。一方の梨奈は就職に失敗し、フリーターになっていた。

そんななか、梨奈は渋谷のIT社長たちと遊ぶことを覚えてしまい…?

▶前回:「暗がりのダイニングバーで、いきなり…!?」美女が恋人に内緒でハマった、怪しげなパーティとは


2006年7月


「そろそろ本気ださないと…って思い始めて、3年かあ」

恭一と同棲している富ヶ谷の部屋でひとり、私はつぶやいた。あれから結局、まだダラダラとフリーターをやっている。

とりあえず何かしようと、陶芸教室やイラストスクールに通ってみたりしたものの、ちっとも続かなかった。

まだ私が何者なのかわからない。つまり、絶賛自分探し中なのだ。

恭一とは同棲継続中。でも、社長さん達ともいまだに遊んでいる。顔ぶれは変わって、規模は小さくなったけれど。港区方面に遊び場が変わったり、警察のお世話になる人もいたりしたから。

…盛者必衰、時代は変わるね。

渋谷だって、パンテオンがあった東急文化会館はとっくになくなって再開発中だし、新しい地下鉄も渋谷に通る予定らしい。

だけど北見社長は、会社も急成長させていて絶好調なのだ。どういうわけか、私が彼の中でいちばんのお気に入りになっている。

ちなみにむつみはターゲットを別の経営者に変えたから、友人関係は大丈夫だ。…元々あってないようなもんだけどね。

恭一はというと、勤めていた広告代理店を3年で辞めた。だから私、彼といるのが少々不安なのだ。…いろいろな意味で。

【渋谷物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo