魚介の旨味が溶け出したスープを飲み干したい!絶品「ブイヤベース」と出合える店5選

神楽坂通りから1本入ると、外に漏れた店内の明かりが道案内の役目を果たしてくれる

4.奥深い味わいで、長年ファンに愛され続けるブイヤベース
『ル・クロ・モンマルトル』


フランス人の前オーナーが「石畳と坂の街である神楽坂は、パリのモンマルトルに雰囲気が似ている」と、この地に店を構えたことに始まる『ル・クロ・モンマルトル』。

それ以来、ほとんどのメニューがオープン当初から変わらず、日本風のアレンジは一切なし。

「フランス人が毎日食べても飽きないメニューを」という開店当初からのコンセプトを、今も貫いている。

「ブイヤベース ルイユソース添え」


店のスペシャリテのひとつが「ブイヤベース ルイユソース添え」。

手長海老や貝などの魚介をじっくり3時間かけて煮出した奥深い味わいで、長年愛され続けている。

“なんちゃって”ビストロにありがちな浮ついた雰囲気とは一味違う、ほどよい落ち着きとほっとするような温かみが感じられる。

大人が選ぶべきビストロとは、こういう店のことを指すのだろう。

アンティークのテーブルや椅子が、落ち着いた雰囲気を漂わせる

5.オマール海老が丸ごと入った贅沢ブイヤベース
『ビストロ シロ』


『ビストロ シロ』では日本有数の豊かな漁場として知られる、兵庫・明石浦漁港や北海道・函館をはじめ、産地から直送される新鮮な魚介を入荷。

フレンチをベースに、アラカルトからメインまで、こだわりのシーフード料理を提供する。

名物「ブイヤベース」


同店の名物料理は、その日に仕入れた魚介類で作るブイヤベース。

本日のお魚、あさり、はまぐり、ムール貝、野菜を彩りよくたっぷりと一皿に詰め合わせ。

〆のパスタやリゾットまで存分に味わうことができる、旨みがぎゅっと凝縮されたスープも、堪らない!

「オマール海老のブイヤベース」


さらに、「オマール海老のブイヤベース」は、シロ名物のブイヤベースにオマール海老を丸ごと一尾入れた、なんとも贅沢な一品。

海老の頭で丁寧に出汁をとり、旨みがぎゅっと詰まった濃厚なスープは、パスタかリゾットで〆るのがおすすめ。

海老の旨みをひとつも余すことなく満喫して!

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。



【東カレユーザーのマッチングアプリ事情を緊急アンケート!】
マッチングアプリを利用して、恋人や結婚相手を探すのは当たり前の時代。
皆さんの、マッチングプリのリアルな利用実態を聞かせてください!

いただいた回答結果は、後日記事にして発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/9609XCY2

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo