Re婚活 Vol.6

出会って30分で、警戒心が強い30代女を口説き落とした男の巧妙な手口

「今度こそ、幸せになりたい」

“離婚”という苦い経験を経て、また恋をして結婚がしたいと願う人たちがいる。

そんな彼らの再婚の条件は、実に明確だ。

「一度目よりも、幸せな結婚!」

それ以上でも、それ以下でもない。

幸せになることを、諦めないバツイチたちの物語。

4話からは、バツイチ子持ちの未央の物語がスタートした。

◆これまでのあらすじ
バツイチで子持ちの未央(36)は、友人から紹介されたオリバーとデートを重ねていた。

未央はオリバーと付き合っているつもりでいたが、彼から今はお試し期間中だと言われる。ショックで彼の家を飛び出した帰り道でバーに立ち寄ったが…。

▶️前回:再婚するなら外国人!?1度目の結婚にトラウマがあるアラフォー女が、陥りがちな罠

「別に変な意味はないので、よかったらご一緒しませんか?」

オリバーの家を飛び出した帰り、立ち寄った恵比寿のバーで、未央は突然男性に声をかけられた。

“変な意味はないので”と前置きがあるだけで、不思議と未央の警戒心はほぐれていく。

― 一人で飲んでも気が滅入るだけよね。どうせだったら、二人で飲んだほうが気晴らしになるわ。

「ええ、じゃあ、少しだけ」

未央がそう答え、グラスを持ち上げると、彼は自分のグラスを寄せ、“チン”と小さく乾杯した。

目の前の男性をよく見ると、短髪に日に焼けた肌をしていて40代前半くらい。端正な顔立ちをしている。

社内にいれば、きっとモテるタイプだ。

それに、未央の顔を覗き込むように聞いてくる仕草は、いかにも女慣れしているそれだけど、左手の薬指に指輪はない。

カジュアルなジャケットから覗く手首には、オレンジ色のアップルウォッチ エルメスが見える。  

― なかなかいい感じの人ね。

初対面の男性をこっそり観察していたとき、突然、名前を聞かれた。

「下のお名前は?」

― えっ? いきなり名前?

苗字ではなく名前を聞いてくるのは、距離を縮めたいからだと、以前会社で20代女子が話していたのを思い出し、未央は身構えた。

だが、悪い気はしない。自分自身にまだ市場価値があるという証拠でもある。

「僕は、岡 正明といいます。友達からは“マサ”とか“正明”って呼ばれるかな」

「私は、未央っていいます」

聞けば未央と同じ渋谷区在住で、住まいは神南の方らしい。外資のコンサルティング会社に勤めていて、週の半分は虎ノ門に通勤しているという。

お互い自己紹介を兼ねてたわいもない話をしている途中、正明がさりげなく尋ねてきた。

「ところで、彼氏はいるの?」

【Re婚活】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo