ニュースな女 Vol.2

「この男ヤバい!?」35歳で婚約解消した女。どうしても許せなかった彼の行動


Vol.2 35歳の女たち


名前:リカコ(35)
職業:専業主婦


私のInstagramのプロフィール欄には、「美しいものが好き」なんて書いてある。

だけど、やっていることといえば、夜な夜なタブレットでファッション誌を眺めているだけ。2歳の娘を寝かしつけた後、化粧を落として、お気に入りのスパークリングワインを片手に、思いっきりダラダラする。

あっという間に2、3時間が過ぎる。この時間が究極に幸せだ。夫だって仕事さえ終わっていれば、その時間はテレビの前から動かないから、似た者夫婦だ。

私だって20代の頃は向上心があった。例えば、終業後にやみくもに英会話に通った時期もある。

そう、「自分磨き」だ。

英語がうまく話せたら「いい女っぽい」と始めたけれど、英単語を覚えたって、モテるわけではない。

英会話だけじゃない。

日本文化の嗜みがあるとモテるかもなんて考えて、歌舞伎を観に行ったがうたた寝をして帰ってきたこともあった。意外性がある女は魅力的に映るかも、と思って、中山競馬場でもみくちゃにされながら、有馬記念を見た年末もあったっけ。

2つ年上の商社マンである夫と30代で結婚し子どもが生まれて、その手の努力をやめると、人生はぐっと楽しくなった。

仕事に対してそんなに情熱が持てず、独身生活や自分磨きに飽き飽きしていた私は、何の迷いもなく仕事を辞めて専業主婦になった。「誰かの妻」「誰かの母」になって、私はようやく「何者かにならなくては」という漠然とした焦りを手放すことができたのだ。

もちろん家事や育児は忙しい。

だけど、やるべきことが細々と膨大にある分、「この先自分はどう生きるべきなのか」的なことは考えなくて済む。私は結局、ファッションと食べることくらいにしか興味が持てない浅い女なのだ。

さて、先日ネットのニュースで知ったのだが、日本で幸福感を抱いている人の割合が一番高いのは、35~44歳の女性らしい。

35歳になったばかりの私だが、とてもよくわかる。

若いときが一番楽しいだなんて、大嘘だ。

【ニュースな女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo