「来てよかった!」の一言を必ず引き出す、魅惑の〆メニューがある5軒

  • 味だけでなく、価格も魅力の「うに・いくら丼」(¥1,600)

  • 店主・高橋さんの地元である栃木県益子町の人々と作り上げた店内は、温もり溢れるほっと寛げる空間

  • 「生ハムおにぎり」

  • 絶妙な握り加減で仕上げられる

  • 贅沢に、うにといくらだけでつまみにするのもいいだろう

  • 気さくな大将との会話も弾むカウンター席の他、奥にはテーブル席も備える

  • 入ってはいけないのではと思うほど、普通の家の玄関が名店への入り口である

  • 京都産のコシヒカリにトマトやスパイスの旨みと香りがしみ込み、最高の状態で運ばれてくる「土鍋のチキンライス」(1,500円)※注文から完成まで20分ほど要する

  • 味の変化も楽しみつつ召し上がれ

  • 齊田武シェフ

  • 「タルタルひつまぶし」(1,200円)

  • 極上の牛コンソメスープは、最後の一滴まで飲み干したくなる

  • 「菊菜と筋子のおひたし」など、お酒がすすむ料理が揃う。※写真は一例

  • 「納豆うどん」※昼の席では1,650円で味わえる

  • 「ちいずからめそば」※昼の席では「料理3品とおそば」(4,400円)で味わえる

もどる
すすむ

1/19

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo