悪い女 Vol.2

「まだまだ足りないの…」1着52万円のワンピースを男に買わせる、28歳女の切ない過去

いくら時間と金をかけても、モノにならない。

平気で人を振り回し、嫉妬させ、挙句の果てに裏切る―。

東京には、嵌ったら抜け出せない、まるで底知れぬ沼のような女がいるという。

なぜ男たちは、そんな悪い女にハマってしまうのだろうか…?

▶前回:「キスだけでもいい…」43歳男に、1回の買い物で100万円以上使わせる17歳年下女の正体


【今週の悪い女】
名前:菜月
年齢:28歳
職業:セレクトショップとマツエクサロン経営
学歴:文京区大塚にある女子大卒
外見:栗色ロングヘアーの派手系

おねだりとお願いが上手な女


「う~ん、迷うなあ。白もいいけど、黒もいいし…ねぇ、了ちゃんどう思う?」

今日は、彼女の菜月とデートだ。

いま彼女は、1着52万円のワンピースについて悩んでいる。

菜月は肌が白いので、黒を着ると一般人には見えないくらい艶っぽく綺麗だと思う。

だが彼女が待っているのは、「黒がいい」という言葉ではない。

「どっちも買えば?似合うし」

すると菜月は“当たり前よね”という表情をしながら、一応形だけ「ありがとう」と言い、試着室に入った。

彼女を前にすると、つい甘くなってしまう。

それに菜月との買い物は、高価なものを買ってやれるようになった自分を誇らしく思える、唯一の瞬間でもあった。

「昔は地味に家でデートしてたのに、出世したね~」

菜月は、あっけらかんとした口調で言う。

彼女が22歳くらいの時、お金の余裕はなかったけれど愛し合えていれば満足だった。

―菜月もそうだったよな…?

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
シャネル
バーキン(エルメス)
書くなら、おねだりしたワンピもブランド名出せば良いのにね。
中途半端〜。
車も同様に。
2021/02/07 06:0366返信2件
No Name
えーーーーー
つまらなかった。
昨日の「乗れるものなら玉の輿」のように軽快に読める方が良いな。
車も一体何を買ったのか全然分からず。最後に次はランボルギーニねってそこだけ実際の車種で。
なんだか、がっかり。
2021/02/07 05:3760返信3件
No Name
そううまく行くかな?
2021/02/07 05:1941
No Name
なんじゃこりゃ?

悪い女ってお金使わせる女ってことなの?
2021/02/07 05:2335返信6件
No Name
着飾った母親が自慢、という価値観の時点でわりともう普通の家庭は無理そう
2021/02/07 05:2329返信1件
もっと見る ( 81 件 )

【悪い女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo