デートの成功率が高い!女性をワクワクさせるレストランが銀座のど真ん中に誕生!

2020年12月にオープンしたばかりのフレンチレストラン『L’ARGENT(ラルジャン)』が今、大人たちの間で話題だ。

人気の理由は、「女性の笑顔が見られるから」。 ロケーションは銀座4丁目交差点、日産のショールームが入るビルの7階。

一流の大人たちが、とっておきの日に集うラグジュアリーなこの場所には、一体どんな体験が待っているのだろうか。

乾杯のシャンパンとともに、サプライズなアミューズを

『L’ARGENT』の料理のポイントは、北欧スタイルも加味した料理である点。

全国の旬の食材がフレンチと北欧のエッセンスで昇華され、日本の風土の豊かさに気づかされる。

まずはアミューズ3種から。写真奥からチュイールで挟んだ十勝ハーブ牛腿肉のタルタル、青森産の菊芋の皮目を焼いて中にトリュフと菊芋のペーストを詰めた一品、パセリのゼリーでコーティングした鳥取産甘海老と浜松産春キャビア。

季節によってその種類は変わるが、繊細で美しいアミューズは、女性にはたまらない。

シンプルだけど滋味深いスペシャリテは唯一無二!

富士宮産のマッシュルームのスライスとソテー、発酵マッシュルームのスープが重なる、同店のスペシャリテ。

マッシュルームの芳醇な香りと、日本人の舌に寄り添った優しい味わいを楽しめる。

見た目の美しさ、ふわりと香る出汁に心躍る

静岡で獲れた伊勢海老のバターポッシュ。ポッシュとは、日本でいう「蒸し煮」のこと。

プリっとした伊勢海老の食感が残る、絶妙な火入れだ。

ソースには八方出汁が使われており、日本人の舌に馴染むよう仕上げられている。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

工夫が凝らされたメインディッシュに誰もが驚嘆する

2週間ドライエイジングをかけた北海道北見市の鹿をパイで包んだメインの肉料理。

鹿の出汁に赤ワインとフォアグラを合わせたソースが、肉の滋味深さを引き立てる。

ジビエ料理の独特なクセも決して感じさせない、ここでしか食べられない逸品だ。

香りと食感を楽しむデザートでコースを締めくくる

熊本産のバラを使ったアイスクリームにバラとマスカルポーネのムース、バラの花のピクルスなどバラ尽くしのデザート。

液体窒素を使って花びらを瞬間冷凍させているので、パリパリとした食感も新鮮で楽しい。

料理はすべて¥15,000のディナーコースから。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo