忘れられない“あの日” Vol.6

「嘘でしょ!?」甘い夜を過ごすはずが…。ホテルの一室で、27歳女が男から告げられた驚愕の事実

今日が、何でもない普通の日なら良かったのに……

“記念すべき日”に起きた最悪な出来事は、悲しみや怒りなどあらゆる感情が倍増して

一生忘れることができない思い出として心に刻まれる

この連載では、“記念日”にまつわるストーリーを東京カレンダーのライター陣が1話読み切りでお送りする

▶前回:「私の荷物はどこに隠したの…?」男の部屋で屈辱を受けた、セカンド女の悲痛な叫び


ホテルの最上階。

ひときわ大きい扉を開けると、東京の夜景が一望できる空間が広がっていて…。

明かりをつけると、部屋中に散りばめてあるバラの花びらが目に飛び込んできた。

「うわ、素敵…♡ 仁(じん)ありがとう!」

スイートルームに泊まることには慣れているけれど、......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
優里の気持ちも分かるなぁ
若い時は流されてもしょうがない部分からもあるかもしれない
でも過去を振り返るってことは今が幸せじゃない証拠だからね
今が幸せなら康介のことなんて思い出さないし、康介は優里のこと思い出さないだろうなぁ
仁は先に言ってよ!!って思うけど、優里と結婚とか考えてないから言わなかったのかな
2021/01/21 05:1499+返信1件
No Name
私にも大学時代に康介という彼氏がいた。同じような思いをしたなと思い出してこれ読んでちょっとびっくりした。
今は子どももいて幸せだけど、今でも思い出す、
ああ、康介の平凡なあの優しい気持ち。
上を見たくなる、欲張りたくなる、
目の前の幸せに気づけないって愚かよね。
2021/01/21 05:2899
No Name
子供が3人いて今は
離婚して独身?
ただの既婚者?
分かりづらかったわ。
2021/01/21 05:5383返信7件
No Name
23歳でまだ若かったからだけど、せっかくなのにね。その場で有名レストラン行きたかったとか言われたらショックだよ。事前に言ってくれと思うわ。
22時過に電話してきて今から会おうって誘う男の頭の中はSEXだけ。康介かわいそう。
2021/01/21 06:5274返信2件
No Name
仕方ないのかな、って思う。
学生時代と社会人になってからだと見える世界が違うし、望むものも変わってくる。
で、数年したら結婚したい気持ちが強くなって価値観変わってきたり。

多かれ少なかれみんな同じような道を辿るのでは。

昔を振り替えって、たらればの回想してしまう気持ちも分かるけど、まぁ未来に目を向けてこれからどうしたいのか考えるしかない。
2021/01/21 06:1163返信8件
もっと見る ( 62 件 )

【忘れられない“あの日”】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo