夫の寵愛 Vol.1

夫の寵愛:「バレたら、恥ずかしい…」池尻在住・33歳の美人妻が、夫にひた隠しにする黒歴史

大抵どんな夫婦にも、互いに“秘密”があるものだ

しかし、SNSを通じて相手のことを簡単に暴ける時代

あなたは、相手の全てを知りたいと思いますか?

『愛しているからこそ、全てを知りたい』

そう考えた一人の男がいた

愛しすぎることは、罪なのか……?


『一度でいいから、ぜひお会いできませんか?』

榊原里紗(33)が自身の料理教室のために開設したInstagramには、男性からこういった類のDMがよく届く。

最初こそ「うわ…気持ち悪い…」と敏感に反応していたが、最近では慣れてきてしまい、何も思わなくなっていた。

しかし、今日届いたDMは気持ち悪さの種類が違った。

『もう一度、お会いしませんか?』

すぐに、送り主のアカウントを確かめたが、まったく見覚えのない顔。どこかで会ったのかもしれないが、記憶にない。

「この人、知ってる?」

帰宅した5歳年上の夫・毅(つよし)に尋ねてみたが「知らないなあ」と返された。

「また変なメールが来たの?」

「そう。もう一度私に会いたいなら、料理教室に来ればいいのに」

とはいえ、最近はこのご時世。もっぱらオンライン料理教室だが。

「里紗が美人すぎるんだよ」

毅はいつだって大真面目にそう言う。

「美人じゃダメ?」

照れもあって冗談っぽく言うが、彼は「美人で最高だよ。見た目も中身も世界で一番だよ」と恥ずかしげもなく語る。そして「こんなDMで里紗の心が動くと思われていることがムカつく」と言葉を続ける。

夫は嫉妬を隠さない男だ。里紗はそのたびに「愛されている」と実感する。

―それにしても、この男の人、誰なんだろう…?

いつものように毅に抱かれて眠りにつくまで、DMの送り主のことが無性に気になっていた。

【夫の寵愛】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo