復讐 Vol.3

「どうして私が隠れなきゃいけないの?」33歳女が婚約者からうけた残酷すぎる仕打ち


あなたはもう、気づいている?

あの笑顔の裏に潜む、般若の顔。

『なんで、あんな女が彼と…』
『こんなにも彼に尽くしたのに…』

復讐なんて何の生産性もないってこと、頭ではわかっている。だけど…。

激しい怒りに突き動かされたとき、人はどこへ向かうのか。

これは、復讐することを決意した人間たちの物語。

◆前回までのあらすじ

愛菜はちょっとした悪戯心から、親友である真由子が思いを寄せていた涼真とデートを重ねてしまった。そして、真由子にそれがバレ、怒りをかってしまう。

▶前回:「隠し撮りされてたなんて…」デート相手の男に送り付けられた、ヤバすぎる写真とは


愛菜:「まさか、自分にも復讐心が湧いてくるなんて…」


心から好きになれる男性にそうそう出会えないのと同じくらい、心底気の合う女友達も、また貴重な存在だ。

大人になればなるほど、心を許せる同性の友達は少なくなってくる。

だから、何度も後悔した。どうしてあの時、冷静な判断を欠いてしまったのだろう、って。

ちょっと気に食わないところがあるからって、親友である真由子が本気で恋した男を横取りするようなこと、するべきじゃなかった。

けれど、同時にこうも思っていた。

―復讐まですることないのに…。

復讐なんて、何も生み出さない。余計な恨みをかうだけ。真由子に復讐されてから4年間、ずっとそう思っていた。

…つい、さっきまでは。

いま、私ははじめて復讐心というものを理解した。どうしようもなく抑えられない強い怒りに突き動かされる、この衝動を…。

【復讐】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo