三茶食堂 Vol.1

三茶食堂:「家賃は13万5千円、彼氏なし」現実を直視した29歳女が手放して正解だったモノ

毎週金曜日に、ひっそりとオープンする“三茶食堂”。

世田谷の地元民や業界人がよく訪れるというこの店には、年齢や性別を問わずさまざまな人が来店する。

この店のオーナーの直人(45)曰く、ここで繰り広げられる人生相談を聞いていると、東京の”いま”が知れるのだとか…。

さて、今宵のお客さんは?


Case1:“東京キラキラ沼”にハマった、WEB系代理店女子


17時が過ぎ、あたりが薄暗くなってきた頃―。

僕は店のドアの横にある小さな灯りをつける。三軒茶屋駅から茶沢通りを歩き、SEIYU近くの一本裏路地を入ったところに店を開いて、1年ほどが経った。

昔ながらの情緒と近代的な風景が入り混じる、三軒茶屋という街。

街と同じくここに住む人たちは個性豊かだ。年齢層も幅広いし、初対面でも同じカウンター席で飲むと一瞬で打ち解けるような気安さがある。だからこそ、この街で店を出したかったのだ。

—カラン。

重い木の扉が開くと同時に、威勢の良い声が店内中に響き渡った。

「ちょっと直人さん、聞いてくださいよ〜!今日はクリスマス。世間は幸せカップルで溢れているっていうのに、なんで私は今年も彼氏がいなくて、1人寂しくここにいるんだと思いますか?」

彼女は渋谷にあるIT関連会社勤務で、名前は真帆(29歳)。

キラキラ女子しか入れないと評判の会社で頑張っている彼女は、今日はいつにもまして荒れているようだった。

この店は大々的な宣伝もしていないし、来るのは常連か紹介の人ばかり。

だがたまにこうやって、面白いお客さんがやって来るのだ。

【三茶食堂】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo