サヨナラ、量産型女子 Vol.6

「ただの同期だと思っていたのに…」女が、意識していなかった男にドキッとしてしまったワケ

タイトなスカートに7cmヒール。

どんなに忙しい朝でも、毛先は緩くワンカール。

モテることだけに執着し、典型的な“量産型女子”を演じる円花(まどか)。

しかし年下の起業家男子に恋した彼女は、思わぬ人生の選択をすることに―。

◆これまでのあらすじ

丸の内“量産型OL”である円花は、オトしたい男・篠崎の気を引くために、転職を試みる。

結果は、まさかの成功!さらに転職したことを報告すると、篠崎と再び食事に行くことになる。その夜の帰り道、自分の気持ちを抑えきれなくなり、円花はついに告白をしてしまうが…?

▶前回:「もう、我慢できない…!」欲望を抑えきれなかった女が、衝動的に取った行動


「私、篠崎さんのことが好きです。私が自分を変えようって思ったのも、篠崎さんに出会えたからなんです」

円花は大きく息を吸うと、一息に言い切った。

「もし良かったら、私と付き合ってもらえませんか?」

そう円花が告白すると、篠崎はしばらく黙り込んだ。

円花は今になっ......


【サヨナラ、量産型女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo