5.2%の憂鬱〜妻からの挑戦状〜 Vol.4

結婚生活が息苦しい。妻が出て行くキッカケとなった、夫には内緒の出来事

5.2%―。それは、日本国内で“妻の方が稼ぐ”世帯の割合。

「妻には、仕事を頑張ってもっと輝いてほしい」

笑顔でそう言いながら腹の底では妻を格下に見て、本人も自覚せぬまま「俺の方が稼いでいる」というプライドを捨てきれない男は少なくない。

そんな男が、気づかぬうちに“5.2%側”になっていたら…?

男のプライドが脅かされ、自らの存在意義を探し始めたとき、夫はどんな決断をするのだろうか。

◆これまでのあらすじ

「副業が忙しい」ことを理由に、ホテルに泊まる妻の伊織。本当にそうなのか確かめようと見張っていた新太(あらた)は、ついに怒りをあらわにしてしまい…?

▶前回:「妻は何か隠している…」外泊続きの妻を見張っていた夫が、目にしてしまった光景


―ああ、なんて快適なんだろう。

ふかふかのダブルベッドに身を預けた伊織は、幸福を噛み締めながら目を瞑った。

昨日まで泊まっていたビジネスホテルも悪くはなかったが、やはり高級ホテルは、何もかも格が違う。

先ほどまで酷使していた頭と目を少し休めようと横たわったが、あまり......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
そんだけ稼げるようになったなら家事はアウトソーシングするなり、コンシェルジュ付きでクリーニングとか手配してくれるとこにでも引っ越せばいいのに。

話し合おうとせずホテルに逃げたのは伊織じゃないの?
それで怒りをガソリンにって…
2020/12/02 05:1599+返信3件
No Name
自分にも非があるとこれっぽっちも考えていないのは自分も同じじゃないか、伊織。
子供じゃないんだからきちんと言葉にして伝えて、駄目なら離婚すればいいのに。
2020/12/02 05:3099+返信4件
No Name
うちの両親も共働きだったけど、デパ地下の惣菜やHotto Mottoも普通だったよ。
お母さんが仕事から帰ってげっそり疲れた顔しながら手料理頑張ってくれるより笑顔でデパ地下の惣菜を皆でたべる方が全然よかったから父も何も文句言ってなかった。
なぜそんなに手料理こだわるんでしょうかね?
デパ地下美味しいのに。
2020/12/02 06:4268返信5件
No Name
伊織が新太を黙らせるために見せたモノは給与明細かな?
給料低い方が家事やるべきと思っているなら伊織も女房関白だよね。
話し合って協力して、外注も使ってやっていけばいいのに。
新太離婚抵抗するのかな?引き止めなきゃ話が終わっちゃうけど笑
2020/12/02 05:4459
No Name
奥様、そこまで極端にしなくても
2020/12/02 05:0941
もっと見る ( 53 件 )

【5.2%の憂鬱〜妻からの挑戦状〜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo