私、やっぱり結婚がしたい Vol.1

私、やっぱり結婚がしたい:しぶっていた女が2回目のデートを思わず快諾した、男の誘い文句

「あっ...ネクタイ!その色って、なかなか合わせるの難しいですよね。素敵!オシャレさんですね」

「そう?日奈子さんに言われると、特別嬉しいよ!」

無理やり話題を見つけて適当に放った私の誉め言葉に、佐藤はパッと表情を明るくした。

ーふぅ、奇抜なネクタイしてくれてて良かった..

アプリを登録したのは、前の彼氏と別れた4月。

しかし、マッチしてメッセージのやりとりまではいくものの、実際に会えずに終わってしまった人がほとんどだ。

知らない人と食事をするという行為が、感染リスクと捉えている慎重派もいるのだろう。この時期になり、ようやくポツポツと会うことができ始めているというのが現状だ。

32歳。

美容医療の力を借りて、なんとか20代後半の見た目を死守しているものの、中身はちゃんと32歳だ。

もう、決して若くはない。それは自分がよくわかっていた。

ーいつか、結婚できたらいいな...

今までなら、楽しく甘い蜜を吸うだけの恋愛をしながら、暮らしているだけでよかった。

その"なんとなく付き合い続けていた彼氏"との終わりが来た、今年の春。

原因は確かに、社会を不景気にし人々を不安にした、あの感染症である。

しかし、それが直接的に二人を引き裂いたのではない。

コロナを上手い具合に理由にして、どちらともなく距離を置き始めた。

不要不急の外出はすべきではないから、外食デートもできないね、旅行もしにくいよね。そんなふうにして会うことを避けてきた。

そもそも私達は、友達よりはちょっと上の次元にいる、セクシーな関係の飲み友達みたいなもので、互いに本気ではなかった。


それだけだったのだと思う。

もし、彼の方が会いたがってくれたら... これを機に結婚したいと熱望してくれたら... 私たちの未来は違ったかもしれない。

だけど、LINEで別れをほのめかすと、彼は拍子抜けするほどアッサリと同意した。

気持ちを込めて書いた文章にかかった時間を返して?と、少し惜しくなるくらいに。

結婚を決めるのは、結局いつの時代も男性なのかもしれない、と思わずにはいられない。

だから、結婚したいのにできない女子は減らない。この令和の東京でも、女の方からプロポーズをするカップルなど全体の1%にも満たないだろう。

でも、32歳女子にだってまだ選ぶ権利があると信じたい。

別れるための恋人なら、もういらない。私は、今すごく結婚がしたい。

“どんな状況でもこの人となら乗り越えられる” そんな存在が必要だと、コロナが流行してから強く思った。

その人がいるだけで、生きていく意味や価値があると思えるような、そういう結婚がしたいのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
普通の女が良い暮らしをするには人に頼るしか…って。
普通の人は普通の暮らしをするんですよ。
自分の稼ぎ以上の暮らしをしようとするのは浅ましいです。
2020/11/07 06:0899+返信10件
No Name
あさましくなんかないわ。周り道してる暇はない。突き進んで!でも違和感感じたらやめましょうね。
2020/11/07 05:3077返信5件
No Name
私と同い年、同じようにコロナで何となく婚活から足が遠のいて。こちらは日奈子みたいなそこそこの美人ではなく中の下ですが、なんとなく親近感わいてきました!
9月に知り合った人と「3回目のデートでお互いに嫌じゃなかったら真剣なお付き合いを」と言われて今日がその3回目のデート。
ドキドキしてますが、楽しんでこようと思います!
2020/11/07 10:0873返信5件
No Name
コロナで高まる結婚願望も、マッチングアプリの男へのツッコミポイントも、何もかも共感できるわ。
2020/11/07 05:0860
No Name
支離滅裂じゃない?自分も遊びで真剣に向き合ってなかった、セフレみたいなもんだったんでしょ?なんでプロポーズとか時間を返してとかいう話になるの。
しかも大して長い付き合いしてなさそうだけど、その前までは何してたんだろう、商社一般職なんて25歳くらいで狂ったように婚活し始めるよだいたいw
2020/11/07 08:1542返信1件
もっと見る ( 100 件 )

【私、やっぱり結婚がしたい】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo