流行った店を聞けば思い出が蘇る!「人気デートレストラン」を2008年からプレイバック!

―2014年~2015年―
レストランも“個性の時代”に!新業態が続々誕生し、既視感なき店に高揚した

『81』@広尾


現在のレストラントレンドにも影響を与えているインスタグラムが日本に上陸したのが2014年。以降、情報拡散のスピードとともにレストランの多様化が加速する。

”新しさ”や”映える”店選びのセンスが求められるようになり、「こんなの初めて!」が人気店の共通キーワードに!

そんな中、2015年に池袋・要町から広尾に移転した『81』は“劇場型”の演出でゲストを魅了していた。

『ウルフギャング・ステーキハウス 東京 六本木店』@六本木


さらに、この頃、アメリカ産牛肉の輸入規制緩和によって米国のステーキハウスが続々と上陸!瞬く間に、日本のステーキ文化を熟成肉、Tボーンステーキで染めていく。

『ウルフギャング・ステーキハウス 東京』をはじめ、六本木エリアが“黒船系ステーキハウス”の一大聖地となり、感度の高い大人の男女を歓喜させた。

―2016年~2017年―
景気が少しずつ上向き傾向に。お洒落な焼肉&焼き鳥がデートの新スタンダードに!

『お肉屋 けいすけ 三男坊』@広尾


2016年頃から少しずつ景気が回復へと進むと、落ち着いた大人の空間でワインを多く揃えるなどデート仕様の焼肉と焼き鳥店が急増した。

肉ブームの後押しもあって、新興勢力も続々と登場!

しっとりとしたカウンターで焼鳥とワインのマリアージュを楽しめる店や、ラグジュアリーな個室を擁し「焼いてくれる」焼肉店がデートの人気ジャンルへと躍り出た。


―2018年~2019年―
インバウンドに支えられ、飲食店が高級化!「予約困難」「豪華食材」……、やっぱり、デートは艶やかな店がいい!


SNSがコミュニケーションツールとして定着。数年先まで予約で埋まる店や”映え”の要素が多い店がレストランデートの本命になった。

その頃、東カレでは港区、中央区を中心に“エリア切り”で注目のレストランを紹介。

港区おじさん、丸の内にゃんにゃんOLというキラーワードも話題に!艶やかなエリアが盛り上がり始めた。

女子の肉食化、男子の草食化が進んだ結果、焼肉や焼き鳥店でのデートもすっかりスタンダードになり、飾らず、気取らず食を楽しむ喜びを知った。

ー2020年現在ー


ラブゲームが繰り広げられる港区の日常風景も、新しい生活様式のもとに一変。

密着度の高い個室で身を寄せ合ったり、六本木のラグジュアリーなカラオケ店で盛り上がる夜は、いま、影をひそめた。

それでも東京カレンダーは、いつの時代も男女の恋が生まれるとき、そこに素敵なレストランの存在があると信じている。

大切な人と食を楽しみ、語らう時間には不変的な価値があると断言できる。東京の夜を見つめ続けてきた20年の歴史が、それが真実だと物語っているからだ。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo