たかが離婚、されど離婚 Vol.2

「昨晩に引き続き、また今日も彼と…?」再会して以来、男が女を連日呼び出す理由とは

「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

32歳の尾形友梨と大友将人は、高校の同級生。友梨は「もう一度、結婚したい」と熱望するバツイチだが、離婚予定の将人は「二度と結婚したくない」と豪語していた。

友梨はある夜、年下の彼氏・駿の浮気に気づいてしまい…。

▶前回:「妻とは終わっているけれど…」同窓会で再会した女に、男が告げた衝撃的な話


『今日、彼女さんちじゃなくて、ウチに泊まらない?急に会いたくなっちゃった』

開いたままの駿のパソコンを前に、友梨は凍りついていた。

LINEの通知はすぐに消えたが、たった2行のメッセージは頭にこびりついている。

明らかに友人ではないであろうやりとり。ましてや、夜中に......


【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo