たかが離婚、されど離婚 Vol.2

「昨晩に引き続き、また今日も彼と…?」再会して以来、男が女を連日呼び出す理由とは

「一人のひとと、生涯添い遂げたい」。結婚した男女であれば、皆がそう願うはずだ。

しかし現実とは残酷なもので、離婚する夫婦は世の中にごまんといる。だが人生でどんな経験をしたとしても、それを傷とするのかバネとするのかは、その人次第。

たかが離婚、されど離婚。

結婚という現実を熟知した男女が、傷を抱えながら幸せを探していくラブ・ストーリー。

◆これまでのあらすじ

32歳の尾形友梨と大友将人は、高校の同級生。友梨は「もう一度、結婚したい」と熱望するバツイチだが、離婚予定の将人は「二度と結婚したくない」と豪語していた。

友梨はある夜、年下の彼氏・駿の浮気に気づいてしまい…。

▶前回:「妻とは終わっているけれど…」同窓会で再会した女に、男が告げた衝撃的な話


『今日、彼女さんちじゃなくて、ウチに泊まらない?急に会いたくなっちゃった』

開いたままの駿のパソコンを前に、友梨は凍りついていた。

LINEの通知はすぐに消えたが、たった2行のメッセージは頭にこびりついている。

明らかに友人ではないであろうやりとり。ましてや、夜中に『会いたくなっちゃった』などと送ってくる相手と一線を越えていないと思えるほど、友梨は子供ではなかった。

「誰?」「どうして?」「もしかして出張って言いながら他の女のところに行ってたの?」「今朝もいつも通りだったのに?」

脳内に次々とクエスチョンマークが浮かび、ソファでいびきをかいている駿を起こして問い詰めたくなった。でも…。

―今はやめておこう。

離婚を経験した友梨は、肝に銘じていた。激情に任せて相手を問い詰めることは、良い結果を生まない。

現実から目を背けるようにパソコンを閉じると、友梨はそのまま逃げるようにして洗面所に入り、化粧を落としてスキンケアをする。

いつか駿に「友梨さんは肌がきれいだね」と褒められたことを思い出し、胸が苦しくなった。

友梨がスキンケアを終えて洗面所を出ても、ソファの駿は先ほどと同じ体勢で眠っていた。

いつもは大好きな彼の寝顔も今夜は憎たらしく見えてしまい、駿をそのままにして電気を消し、ベッドに潜りこむ。

眠りは浅かった。だからなのか、しっかりと夢の内容を覚えていた。

夢に出てきたのは、元夫の紘一だ。友梨が何度も何度も紘一に謝り、許しを求める夢。しかし許されず、その後慰めてくれたのは、将人だった。

意味が分からなかった。自分は紘一に対して悪いことなど何もしていないのに…。

それに、何の感情も抱いていないはずの将人が、どうして出てくるんだろう。

そしてこの日の夢には、駿は出てこなかった。

【たかが離婚、されど離婚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo