ヒマジョ Vol.8

「旦那さんに愛してもらえないなら、この男性と会ってみたら…?」妻を誘惑する、友人からの悪魔の囁き

2020年。今までの「当たり前」が、そうではなくなった。前触れもなく訪れた、これまでとは違う新しい生活様式。

仕事する場所が自宅になったり、パートナーとの関係が変わったり…。変わったものは、人それぞれだろう。

そして世の中が変化した結果―。現在東京には、時間が余って暇になってしまった女…通称“ヒマジョ”たちが溢れているという。

さて、今週登場するのはどんなヒマジョ…?

▶前回:「今ならやっても誰にもバレない…」男に愛想をつかされて、32歳の女が中毒的にハマったこと


「ねぇ、しゅーちゃん、まだ寝ないの?」

23時30分。寝室にいた私は、ベッドを抜け出してリビングをそっと覗く。そして夫に向かって甘えた声でそう問いかけた。

だが夫は、私の顔を見ることもなくスマホに夢中になっている。

「まだ眠くないから、寧々ちゃん先寝てて〜」

その声は明るく、罪悪感のカケラもないようだ。

ーはぁ。またか...

私だって、本当はまだ眠くない。

でも、結婚生活を始めた頃、23時にはベッドに行くようにしようと言ったのは修平の方なのだ。

夫の修平は、胡蝶蘭を中心に法人へ花を販売する会社を経営している。私と同じ32歳だが、ビジネスの才能があり頭の回転も速く、尊敬することばかりだ。

そんな夫を支えるために、私は仕事を辞めて専業主婦になった。そうして結婚生活は約2年を経過しようとしている。

修平はほとんど家事をしない。会食が多いため夜も遅いことが多く、二日酔いの日なんてソファと一体化していて全く機能しない。

でも私はそれでも構わなかった。だって、家庭のために彼が仕事を頑張ってくれているのを知っているから。

唯一にして最大の悩みは、他にある。

20、21、22…ベッドに寝そべりながら、“しなかった日”をスマホのカレンダーで数える。

ー27日間。

そう、私たちはレス...になりかけている。

1ヶ月以上ないカップルが、それに当てはまると定義されているみたいなので、今はまだギリギリ予備軍だが、感覚的には結構ヤバいと思っている。

なんとかしなくちゃと思うものの、決定的な方法を探せずにいるし、もしかしたら解消法なんてそもそも存在しないのかもしれない。

「わはははっ」

大好きなお笑い番組でも観ているのだろうか、リビングから修平の笑い声がする。

私がこんなに悩んでいるのに、まるで気にしていないことが悔しくて、自分ばかりが焦っているのも惨めで、涙が出そうになった。

【ヒマジョ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo