東京テラス族 Vol.12

ケリーバッグに幼稚舎お受験…。東京暮らしで「幸せの象徴アイテム」に翻弄される女たち

—“何者かになりたい”。

東京で生きながら、漠然とそう願ったことはないだろうか。

複雑に関係が絡み合う、“テラス族”の男女4人。彼らがいつも集うのは、とびきりの雰囲気の中でお酒や料理が堪能できる、東京のどこかのテラス席。

今ここに、熱くて切ないラブストーリーが始まるー。

◆これまでのあらすじ

同じタイミングで裕太に電話をかけた優子と麗華。裕太が声を聞いて“ホッとした”相手とは!?いよいよその三角関係の結果が出る…

▶前回:落とせそうな女か、手に入らぬ高嶺の花か。二人の女から同時に来た電話、男が取ったのはどっち?


裕太の場合。


「ごめんね。日曜の朝早くに、急に呼び出して」

僕は急いで支度をし、マンションのエントランスへ向かう。革張りのマンションのソファーに座って待っていてくれたのは、麗華だった。

「いや、全然。どうした?突然」
「ちょっと裕太の顔が見たくなって。ブランチでもどう?」

食欲......


【東京テラス族】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo