ヒマジョ Vol.7

「今ならやっても誰にもバレない…」男に愛想をつかされて、32歳の女が中毒的にハマったこと

2020年。今までの「当たり前」が、そうではなくなった。前触れもなく訪れた、これまでとは違う新しい生活様式。

仕事する場所が自宅になったり、パートナーとの関係が変わったり…。変わったものは、人それぞれだろう。

そして世の中が変化した結果―。現在東京には、時間が余って暇になってしまった女…通称“ヒマジョ”たちが溢れているという。

さて、今週登場するのはどんなヒマジョ…?

▶前回:「私がこの仕事してなくても、愛してくれる?」外出自粛で抜け殻となった女に、男の答えは…


「あの、今日の17時から予約している神崎絵里香ですが、16時からに変更できますか?...はい、ありがとうございます」

ーふぅ、よかった。

美容皮膚科の予約時間をずらせたことに、私はほっと胸を撫で下ろした。

さっきまで友人とお茶していたのだが、予定より早く解散となってしまったのだ。

ー茜、相変わらずだったなあ…。

その友達は、昔から「好きなことを仕事にするのが正解だ」という主張を曲げない。だけど、私には関係のない話だ。

転職も勧められたが、全く興味はない。

居心地の良い職場を飛び出し、転職活動をして、新しい環境へ身を置くなんてストレスそのものだ。わざわざ心を消耗させるより、今の会社で一般職を全うした方がいい。

ーそんなことより、私にはやるべきことがある。

私にとって今何よりも大事なことは、仕事ではない。綺麗になること、なのだ。

きっかけは元彼に言われた一言だった。

「絵里香って、化粧すると別人だよね。初めてスッピン見たとき、かなり引いたわ~」

その日から、私は人前で自信をもって笑えなくなった。自分の素肌が美しくないことは、10代の頃から気にしていた。

でも、好きな人に指摘されたことで、人生において最大の悩みとなったのだ。

【ヒマジョ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo