ジョン・レノンが愛した宿! 再始動した 『富士屋ホテル』で過ごす箱根が大人だった!

1878年創業の箱根が誇るクラシックホテルが、2年の耐震改修を経て再びオープンした。

当時の意匠が復元されたほか、いまの時代に合わせた新たなスペースも誕生。

時を超えて愛され続ける美しさは、大人の旅を充実したものにしてくれる。


明治時代の日本人が生み出した空間が、いまになってとびきり新しい
『富士屋ホテル』@箱根


いまや歴史的ホテルとして名高い『富士屋ホテル』は、もとを辿れば、明治時代に外国人客専用のホテルとして賑わった場所。

それも裕福なゲストが対象であったので、彼らを満足させるために内装・外装ともに当時最高峰の技術が駆使された。

結果、英首相チャーチル氏やジョン・レノン氏を筆頭に、各国の超VIPがこのホテルこそが放つ和洋折衷の空間に魅了された。


本館1Fフロント前にある階段に象徴される『富士屋ホテル』の西洋のデザインは、1891年に本館が造られた当時、時代の最先端だった。

時代が変わったいまもファンが多いが、1936年までに建てられた3つの棟は登録有形文化財でもあり、後世に受け継ぐため修復が必要。

そこで一昨年から休業に入り、大規模な耐震補強と改修工事を実施。

職人の修復技術により100年以上前の意匠は輝きを取り戻し、令和ならではの施設も新設。

晴れて今年の夏にグランドオープンとなった。


元より全客室が温泉つきだが、新たに半露天風呂をもつスイートルームが誕生したことにも注目だ。

フォレスト・ウィング5Fに新設されたプレミアスイートは82㎡の広さ。シンプルかつモダンなデザインで寛ぎやすい、現代的な造り。


唯一この部屋だけ、開放的なウッドテラスがついた半露天風呂が備わる。

歴史的造形の本館を望む眺望は、タイムトリップをしたかのような気分にさせられる。

また、フォレスト・ウイング6Fにスパを新設。

22.6㎡とゆとりの広さで緑の眺望とともに入浴でき、大切な人を癒やすのにより快適な環境に変わった。

それだけではない。昭和52年に姿を消した『オーシャンビューパーラー』を本館1Fに復刻。

その存在を知る往年のファンはもちろん、噂でしか聞いたことのない若年層も待望の、伝統のアップルパイをいただける。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo