ヒマジョ Vol.2

家賃45万、身分不相応な暮らしをする女。外出自粛で稼げなくなり、彼女がやった大胆な行為

2020年。今までの「当たり前」が、そうではなくなった。前触れもなく訪れた、これまでとは違う新しい生活様式。

仕事する場所が自宅になったり、パートナーとの関係が変わったり…。変わったものは、人それぞれだろう。

そして世の中が変化した結果―。現在東京には、時間が余って暇になってしまった女…通称“ヒマジョ”たちが溢れているという。

さて、今週登場するのはどんなヒマジョ…?

▶前回:「一線は超えない…」と我慢していた女が、男と会えなくなった代わりに始めたコト


「美緒ちゃーん!こっちこっち」

「遅くなってごめんね。…って、またこんなに女子大生集めてる。駿ちゃんって、本当元気だなぁ」

西麻布の会員制ラウンジバー。席に着くと同時に、グラスに注がれていくクリュッグ・ロゼ。

私にとってはなんてことない、いつもの週末だ。

40〜50代の経営者たちの会話に物怖じすることなく入っていき、場を盛り上げる。

「見てこれ。今、すごく便利なアプリがあるんだよ。予定のない女の子がすぐに駆けつけてくれるの。っていっても、美緒ちゃんみたいに面白い子はなかなかいないけどね」

そう言ってウイスキーのロックを飲み干した男性は、全国展開している不動産会社の代表、牧瀬駿太郎。西麻布での食事会で出会った、羽振りのいいおじさんだ。

「でもやっぱり若い子は話がイマイチなんだよね。美緒ちゃんくらいの年の方が酸いも甘いも噛み分けてるっていうかさ...」

「嬉しいなぁ。私も駿ちゃんと飲むの楽しい~!乾杯~!」

自分は本当に要領がいいと思う。

だらだらと飲むのは時間の無駄だから、必ず会の終わり頃に顔を出すことにしている。

この日も、最初に女子大生が数人派遣されていたこともあり、私が合流してから1時間もしないうちに解散となった。

「じゃあまた近々!」

「美緒ちゃん、ハイこれ。タクシー代にでも使って」

タクシーに乗り込む直前。駿太郎から折り畳まれたお札を手渡され、私はそれを、ヴァレンティノのスタッズバッグの内ポケットに慣れた手つきで滑り込ませた。

【ヒマジョ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo