報道ガールの恋愛事件簿 Vol.5

「俺より稼ぐんだね」男から卑屈なコトを言われ…。その後、女がカレシの部屋で抱いた違和感

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?

◆これまでのあらすじ

えりかは、殺人事件の特ダネをゲットするなど、必死で取材を続けている。

一方で恋愛も、創太とデートし充実しつつあるが、えりかには元カレにキャリアを否定されたトラウマがあり…。

▶前回:「私、こんな格好でどうしよう…」。西麻布で男とデート中、25歳の女を襲った悲劇とは


空港の自動ドアが開くと、むわっとした熱気がえりかを包んだ。

寒すぎるほど効いていた冷房との温度差に、ぶるりと震える。南国を連想させるヤシの木が、穏やかな風にそよそよと揺れる。

カンカン照りの太陽、青い空、ヤシの木。目を細めて、『八丈島へようこそ』と書かれた看板を見る。まさにリゾートだ。

「えりかー、ジャンボタクシー来たぞー」

…台風取材の仕事でさえなければ。

テレビの撮影に使われるENGカメラや三脚、映像の伝送機器など、物凄い量の荷物をせっせと積み込むカメラマンたちの姿に、思わずため息が漏れた。

「なんだよ、そのユニクロの袋。エアリズムの仕入れでもしてきたの?」

からかうように言う荒谷カメラマンは、浅黒く焼けた肌と白い歯のコントラストがまぶしい。「チョイ悪」という言葉が似合う、一般企業にはまずいない風貌だ。

「違いますよ。急に言われたんです、『明日台風来るし、お前あと1時間後の飛行機で八丈島行ってもらうから』って。だから羽田で全部調達したんです」

恨めしげに言いながら、えりかは限界まで膨らんだ袋を機材の横に放り投げるようにして置いた。

「週末映画に行く予定だったのに…」
「あの“彼シャツ中継”の男と?」
「その言い方やめてください。…それに、正確には“彼ジャケ中継”です」

助手席に乗り込み、えりかは頬杖をついて窓の外を眺める。

動き出した車に、流れる景色。創太のジャケットから匂った、石鹸のような柔らかい香りを思い浮かべた。

【報道ガールの恋愛事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo