時計じかけの女たち Vol.2

「21歳の時、年上女から酷い扱いを受けて…」女が見た目ばかり気にするようになったキッカケ

時計はかつて人々にとって、時間を知る大切な道具だった。

しかしスマートフォンが流通した現在、時計は単なる装置ではない。

小さな文字盤の上で正確に時を刻みながら、持ち主の“人生”を象徴するものなのだ。

2020年、東京の女たちはどんな腕時計を身につけ、どういった人生を歩むのかー。

前回は、シャネル・J12を身に着ける華を紹介した。今週登場するのは、どんな時計じかけの女…?

▶前回:「会社辞める?それとも…」30歳の女が、生まれて初めてした衝動買いの内容


【グランドセイコーを身につける女】

名前:春香
年齢:27歳
職業:大手人材会社勤務
住まい:豊洲
実家:茨城

「人は見た目で判断される」身を持ってそれを知った、21歳


時計との出会いは、父からの就職祝いのプレゼントだった。

―この時計のように、芯の強い女性になってくださいね。

担当の外商が持ってきたグランドセイコーには、父親からのそんな温かいメッセージまで付いていた。

春香の実家は、茨城で有名な会社を経営している。非常に裕福な家庭だが、働くということに関しては、学生時代から出来る限りアルバイトをして社会と接点をもつべきだ、という教育方針があった。

そこで大学4年生だった春香は、父親の会社で受付のアルバイトをすることにしたのだ。

ところが働き始めて少し経ったある日、衝撃的な来客があった。

やってきたのは、強めのパーマに原色のセットアップ、いかにもアクが強そうなルックスの、50代半ばくらいの女性だ。おそらく取引先だろう。

受付に来て早々、彼女はまくしたてるように話しかけてきた。

「コレ、おたくの社員から頼まれたもの。渡しておいてちょうだい」

ぶっきらぼうにそう言って、紙袋をグイッと押し付ける。どうやら、商品サンプルを渡しにきたらしい。

「お客様、失礼ですが…」

春香が名前を尋ねようとすると、女性は顎でサンプルを示す。そこには名刺が添えられていた。

そしてさらに、その隣に菓子折りを乱暴に置いた。

「受付さん。コレ、ちゃんと代表に渡してちょうだい。不満ばっかり言っているおたくの社員が、代表が好きなものだって言ってたのよ。機嫌取らなきゃね」

―なんて失礼なのだろうか。

あきれながら、怒りがだんだんとこみ上げてくる。いくら取引先とはいえ、職業や見た目で人を判断し、ぞんざいに扱うことが信じられなかった。

もちろんこの女性は、受付に立っている春香が代表の娘だということに気づいていない。

ーせめてもう少し、きちんとしたものを身につけていればよかった…。

受付の仕事なので当然だが、春香は、自身の質素なファッションやメイク、髪形をうらめしく思った。つけていた腕時計も、大学の親友とお揃いで買ったカジュアルなファッションブランドのもの。

肌が綺麗なので普段からメイクはあまりしないが、童顔のためか実年齢よりさらに下に見られることもしばしばだ。

そして、春香は悟ったのだ。人は結局、外見ですべて判断されるのだろう、と。

【時計じかけの女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo