社会人デビュー Vol.3

同期の女に外見をディスられ、奮起した結果…。皆の態度が一瞬で変わった作戦とは?

およそ1,400万人が暮らす、現代の東京。

そのうちの実に45%が地方出身者で占められているという。

東京にやってくる理由は人それぞれ。だが、そこに漠然とした憧れを抱いて上京する者も少なくないだろう。

これは、就職をきっかけに地方から上京した女が、東京での出会いや困難を経験して成長していく「社会人デビュー」物語。

大都会・東京は、はたして彼女に何を与えてくれるのか…?

◆これまでのあらすじ

2019年4月。生まれ育った北海道を離れ、上京した美咲は、同期達の華やかさに圧倒されてしまった。

さらに同期の瑠美から心無い言葉をぶつけられた美咲は、玲奈と再会し、打ち明けたところ…。


「えっ!?私の…プロデュース計画ですか?」

美咲は、カフェで周囲の目もはばからず、思わず素っ頓狂な声をあげた。

目の前では、先輩の玲奈がにっこりと微笑んでいる。

「そう。美咲ちゃんの改造計画を、私に手伝わせてほしい!アドバイス出来ることがいろいろとあると思うの」

玲奈は名案を思い付いたと言わんばかりに、嬉しそうにダージリンティーを口に運ぶ。

確かに彼女は、国内最大手化粧品メーカーで広報として働いており、その美しさは学生時代から際立っていた。

唐突な提案に驚くのと同時に、親身になってくれる玲奈の存在がとても心強いのは確かだ。しかし美咲は不安げに目を泳がせ、心の迷いを吐露した。

「でも…玲奈さんはもともと美しいから…」

同じく社会人から上京した身とはいえ、そもそも玲奈とはスタート地点が違う。彼女は、最初から垢抜けていたに違いないのだ。

それに瑠美から意地の悪いことを言われたときのように、これ以上恥ずかしい思いをするのは御免だった。

ーだから、人には頼らず自分の力で頑張ろう…。

すると、うつむく美咲の本心を見透かしたのか、玲奈はこう言った。

「それは違うわよ、美咲ちゃん。実はね、私…」

【社会人デビュー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo